8月19日にデビュー35周年を迎えた光GENJI

「もう、35年……。今年も各メンバーがバラバラにライブをやるだけ。どうしても“復活”は難しいのでしょうか」

 長年の女性ファンは、そう話すと深いため息をついた。

 “最後のスーパーアイドル”と呼ばれる光GENJIだけに、今も再結成を期待するファンの思いは強いよう。

「同じくジャニーズの人気グループだった『男闘呼組』は、29年ぶりに復活し、10月にはライブを予定しています。だったら光GENJIも! と思う人も多いようですが、メンバーの2人は今もジャニーズに所属している。だからこそ事務所の許可が必要ですが、どうも“因縁”があるようで……」(スポーツ紙記者)

ASKA「光GENJIの再結成は俺に任せろ!」

 9月上旬、『週刊女性』はこんな情報を耳にしていた。

「8月19日に都内のライブハウスで諸星和己さんと赤坂晃さんが合同ライブを行ったんです。そこに来ていたASKAさん(64)がステージに上がり“光GENJIの再結成は俺に任せろ!”と言い放ったそうなんです」(音楽関係者)

 ASKAは光GENJIのデビュー曲『STAR LIGHT』や最大のヒット曲『パラダイス銀河』などの作詞・作曲を手がけてきたという関係性がある。

「諸星さんの事務所関係者はASKAさんのひと言を聞き“急いで東京ドームを5日間押さえろ!”と叫んだそう。ASKAさんのバックアップがあれば“イケる!”と思ったんでしょうね。

 ファンもいまや40代から50代と、お金に余裕がある世代が中心。グッズも飛ぶように売れるはず。設営撤去で2日間。残りの3日間の公演で15億円を稼げるビッグビジネスになるとにらんだのでしょう」(同・前)

 ASKAはブログで《会場から出る時、ファンの皆さんたちから、「よろしくお願いします」と、ずっと言われっぱなしだった。うん、お願いされた》と綴っている。本当に“復活”の日は近いのか。