YouTuber・ヒカルが9月26日、Twitterで「花束の件で俺にもめちゃくちゃ誹謗中傷が届いてて」(原文ママ、以下同)と切り出し、前日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント『超RIZIN』に登場したごぼうの党代表・奥野卓志氏に「非がある」と指摘。

 同イベントでは、プロボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーと格闘家・朝倉未来のエキシビション戦が“目玉”として、開催前から話題に。その試合前、奥野氏はオークション『超RIZIN NFT DIGITAL TICKET』にて、アリーナ最前列での試合観戦チケットを落札し、それにはメイウェザーに花束を贈呈できるという特典もついていた。

奥野氏を支持していた芸能人たち

 ところが、その権利をもってリングに上がった奥野氏は、花束を手渡さずに投げ捨て、メイウェザーに拾わせるという暴挙に出た。奥野氏の振る舞いに会場は騒然となり、ネット上にも批判が殺到。試合後には、榊原信行CEOが「情けない、恥ずかしいことをした人間がいます。リングの中は本当に神聖な場所。リングに上げたことをお詫びしたいと思います。この場を借りて謝罪します」などと頭を下げる一幕もあった。

 なお、炎上した奥野氏はその後、「東京スポーツ」の取材を受けて、もともとメイウェザーに良い印象がなかったという説明や、「炎上するなというのは、やる前から分かっていた。それでもごぼうの党を知ってくれたらいいなという気持ちでやっている」ともコメント。

「ごぼうの党は、今年7月の『第26回参議院議員通常選挙』が初陣となった、新しい政党。若い世代の支えとなる公約を中心に掲げていましたが、出馬した候補者は全員落選しています。

 一方、党は6月の立ち上げ後、朝倉を公式スポーツアドバイザーに迎えていたほか、俳優・山田孝之、三浦翔平、元NEWSメンバー・山下智久、ONE OK ROCK・Takaといった有名人たちから支持表明されていたことでも大きな注目を集めました。そして、同月21日にはヒカルのYouTubeチャンネルでも奥野氏とのコラボレーション動画が公開されていたんです」(スポーツ紙記者)