いよいよ最終回が近づいてきたNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。SNS上では毎朝のように脚本にツッコミが入り、前参議院議員までもが《脚本の論理性が崩壊しています》とツイッターで酷評するなど話題に事欠かない。SNSでは《ちむどん、とっくに脱落してたので、次の朝ドラ楽しみ!》といった声も多く、次回作への期待が高まっている。

舞いあがれ!』不穏な気配

 次の朝ドラは来月3日から放送スタートする『舞いあがれ!』。主演は福原遥(24)で、舞台は東大阪と長崎の五島列島。ヒロインがパイロットを目指す物語だ。次こそ視聴者をひきつける脚本で汚名返上といきたいところだが、すでに不穏な気配が漂っているという。

「いまから1年ほど前に制作発表されたときは、脚本家は1人だけだったのですが、撮影もとうに始まった今年の6月になって突然、『脚本家を2人追加する』とNHKが発表したのです」(テレビ誌ライター、以下同)

 もともと発表されていた脚本家は桑原亮子氏。これまでに連ドラは1回しか経験したことがない。そして、今年6月に追加された脚本家は、嶋田うれ葉氏と佃良太氏の2人。NHKは「ヒロインが幅広い専門分野で活躍する姿を描くにあたり、新たにお二方に加わっていただくことになりました」と説明しているが、桑原氏が最初にこの仕事の話を受けたのは2020年初頭だ。2年半も経ってようやく専門分野が幅広いことに気がついたというのは苦しい言い訳ではないだろうか。

「制作現場に想定外のことが起こったとしか思えません。というのも、追加されたメンバーのひとりである嶋田氏は、あのいわくつきの『エール』のときにも急きょ脚本に加わっているのです」

『エール』は2020年の前期に放送された朝ドラ。主人公のモデルである作曲家の古関裕而役を窪田正孝(34)、ヒロインを二階堂ふみ(28)が演じ、新型コロナで急逝した志村けんさん(享年70)が出演していたことでも話題になったが、実は脚本家で、もめにもめた作品なのだ。

「『エール』の脚本家は『コード・ブルー』シリーズ、『ハゲタカ』などを手掛けたベテランの林宏司氏でしたが、演出家とそりが合わず異例の途中交代。そのピンチを救ったひとりが嶋田氏なのです」

 林氏の代わりに脚本を引き受けたのは、脚本家の清水友佳子氏と番組チーフ演出の吉田照幸氏、そして嶋田氏。緊急交代のあと、コロナによる収録中止や2か月半に及ぶ放送中断期間など、異例づくめの朝ドラになったが、放送は無事に終了した。『エール』のときにピンチを救ってくれた恩人である嶋田氏に今回も救いの手を求めたNHK。