「私も給水に来た住民の車に、警察が駐車禁止のキップを切ったという噂話は聞きましたね。でも、それがどこの給水所かまでは知らないけど……」

 静岡県静岡市清水区三保で給水に来た70代の夫婦はそう話した。

 9月24日、台風15号の接近で静岡市に記録的な大雨が降った。死者、行方不明者、ケガ人は出なかったが、29日までに同市では床下浸水およそ500世帯、床上浸水およそ800世帯を数えた。断水は約6万3000世帯にも及び、その半数はいまだに復旧していない。

 とくに甚大な被害を受けたのが清水区。巴川が氾濫した清水銀座近辺は、道路の脇に水浸しになって使用不能になった冷蔵庫、テレビ、ベッドなどの粗大ゴミが山積になっている。

清水区・巴川が氾濫した清水銀座近辺は、道路の脇に水浸しになって使用不能になった冷蔵庫、テレビ、ベッドなどの粗大ゴミが山積になっている

「川があふれて床上浸水したのは、1974年の“七夕豪雨”以来。それを機に家の土台を高くしたんですが、今回はそれでも浸水してしまったね」(近所の主婦)

 水はけのいい砂地のため浸水被害はほとんどなかったが、いまだに断水が続いている冒頭の三保地域。給水所が約6か所に設置されたのだが、

給水に来た車に駐禁キップを切ってゆくお巡りさん

《給水車が来ても大行列、そのうえ貰えるのかもわからなく、諦める人続出。三保では給水に来た車に駐禁キップを切ってゆくお巡りさん…清水、絶望だよ…》

《給水場所に停車を取り締まるパトカーはバカじゃないの》

 などとSNSに複数の書き込みがあり、瞬く間に拡散された。

 もし警察が本当に駐禁キップを切っていたなら、断水に苦しむ市民に対して非情な所業と言えるだろう。真相を確かめるべく、清水署にあたってみると……。