「ゴタゴタ言ってるヤツは全員ぶっ殺すゾ!」

 ドスの利いた声で威嚇する、ゆりやんレトリィバァ。9月中旬、千葉県の市民体育館では、ドラマ『極悪女王』の撮影が行われていた。

東出昌大との不倫発覚から本格復帰

「'80年代の女子プロレスを描いた作品で、'23年にNetflixで配信予定です。ゆりやんは“最凶ヒール”として人気だったダンプ松本役。ライバルのアイドルレスラー『クラッシュギャルズ』のライオネス飛鳥役を剛力彩芽さん、長与千種役を唐田えりかさんが演じます」(映画ライター)

剛力彩芽は撮影が終わるとすぐに支度を終え、共演者より一足先に帰宅した(2022年)

 唐田といえば'20年に、東出昌大との3年間にわたる不倫が発覚。出演を予定していたドラマを降板して休業していたが、活動を再開した。

'21年9月に公開された短編映画で約1年半ぶりに復帰。今年11月公開の映画『の方へ、流れる』では主演を務めています。『極悪女王』でも主人公のライバル役ですから、晴れて“本格復帰”ということになりますね」(同・映画ライター)

 女子プロレスラーを演じるために、出演者は体重を増やして肉体改造。ゆりやんは一時、45kgものダイエットに成功したのに、また30kg増やしての役作りだった。

「ゆりやんはさすがのド迫力。顔のちっちゃい剛力さんもすぐにわかりましたが、唐田さんはショートヘアだし以前とは違うムッチリした体形で、すぐには気づきませんでした。こういうハードな役もやらなきゃいけないほど、仕事を選んでいられないのかな……」(撮影に参加したエキストラ)

撮影中は演技で圧倒するも、帰る直前まで仲間を笑わせていたゆりやんレトリィバァ(2022年)

 撮影現場での唐田の様子は、まさに“踏んだり蹴ったり”だったという。