《5年間出演した、ヒロシの『迷宮グルメ異郷の駅前食堂』は終了です。日本一面白い番組にしたく、無茶な撮影でも我慢してました。でも限界が来たので辞める決断をしました。過酷な海外ロケを共にしてくれた現場のスタッフは戦友です》

 9月22日、お笑いタレントのヒロシが自身のツイッターで出演番組の降板を発表した。

「'18年4月にBS朝日で始まった『迷宮グルメ~』は、世界中を鉄道で巡り、途中下車した駅で地元の人に愛される食堂を探すというコンセプトの旅番組です」(テレビ誌ライター) 

 BSではあるものの“隠れた名番組”として人気が高かった。

「片言の英語で外国人とコミュニケーションを取ったり、グルメ番組なのに“まずい”と本音を漏らしたり。ヒロシさんの人柄と体当たりの海外ロケが売りでした。この2年半は、コロナ禍の影響で国内のみでしたが、根強いファンがついていました」(同・テレビ誌ライター)

ヒロシはなぜ降板したのか

『迷宮グルメ異郷の駅前食堂』に出演するヒロシ(番組公式SNSより)
『迷宮グルメ異郷の駅前食堂』に出演するヒロシ(番組公式SNSより)

 10月4日の放送からは、2代目の“旅人”としてスギちゃんが就任。

「全世界の全駅を訪ねたい。世界3周ぐらいしたい」

 そう意気込みを語ったものの、初回放送後には、

《スギちゃんには良い印象しかないけど迷宮グルメはヒロシがよかったな》

《ヒロシでないならもう見なくていいや》

 と、視聴者からの逆風にさらされてしまった。

 ヒロシはなぜ降板することになってしまったのか。現場スタッフとは良好な関係を築いていたようだが、どうやら上層部との間にすきま風が吹いていたという。