『週刊新潮』がザ・ドリフターズの仲本工事(81)の27歳年下の妻で演歌歌手の三代純歌(54)との間の不穏な現状について報じている。

《ドリフ「仲本工事」を虐げる27歳年下「モンスター妻」》

 というおどろおどろしいタイトルが踊っている。

 仲本は現在、目黒区にある夫妻で営んでいたあるカラオケスナック「ピンクローズ」の2階にある部屋と1階部分でひとり生活しているという。その隣にも経営する居酒屋「仲本家 JUNKAの台所」がある。しかし、昨年7月、仲本の誕生日の直前に純歌さんは突然家を出て行ったのだそうだ。

新しい彼氏ができたと報道

 ひとりで暮らす部屋からは、飼っていた犬数匹と小鳥数羽と猫1匹の糞尿の匂いが漂い、テーブルには動物を世話するためのグッズや仲本の私物が積み上げられて散乱していたという。まるで“ゴミ屋敷”だと形容されていた。それは別居前からのことらしく、純歌が以前から掃除や片付けができないとの証言も。

「驚きだったのは純歌さんが毎日しているというネットでの買い物は、別居中の仲本さんが代金引換するかたちで支払っていること。今では仕事が少ない仲本さんの懐事情は厳しいようで、ビートルズが来日した際の前座で弾いた仲本さんの大切なギターも200万円で売り払ってしまったんだそうです。

 届いた荷物を純歌さん住む横浜まで車で届けているんだとか。出ていった理由について『新潮』は“新しい彼氏ができたから”としています」(スポーツ紙記者)

親子3世代で笑える番組として今でも人気『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系列)
親子3世代で笑える番組として今でも人気『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系列)

 今回の結婚が仲本にとって3度目の結婚になる。最初の妻は’82年に死別。’91年に再婚、3人の子どもを設けたが’04年に再び離婚。純歌とは仲本がプロデュースしたことをきっかけに交際をスタート。6年の交際を経て’12年にゴールインしている。

交際当時、存命だった仲本さんの母は三代さんにサファイヤの指輪を贈っています。彼女は三代さんのことをすごく気に入っていて、よく食事にも行っていましたから、今回の報道が本当ならすごく残念ですね……