週刊女性7月26日・8月2日合併号で、サマージャンボ宝くじを当てるための開運アクションを披露してくれた、占い研究家の青川素丸さん。自宅から西の方角にあって西側を向いている売り場を狙う、酉または辰の日に買いに行くなど、今年のサマージャンボ宝くじ限定の、運を呼び込む行動の数々を教えてくれた。

易占い&風水で高額当せん者が誕生

 そして、それを実践した読者の中から…… な、なんと、出ました、高額当せん者が! それが3歳の子を持つ東日本在住の木村望さん(仮名)だ。サマージャンボミニ1等3000万円を見事当てて「住宅ローンを完済できました!」と喜びの声を聞かせてくれた。木村さんが手紙で詳しく教えてくれた当時の行動について、青川さんに解説してもらった。

編集部に届いた喜びのお手紙(抜粋)
編集部に届いた喜びのお手紙(抜粋)

「今回、木村さんの話を読み解いていくと、占いで出たアクションをちゃんと実行しているのはもちろんなのですが、ひとつ、興味深い点があるんです。それは、宝くじを“当たっている”ものとして扱っていること。

 宝くじを保管するときは、お金のように大切に包み、丁重に扱っています。そして、お子さんが『おもちゃ、いつ買ってくれるの?』と聞いてきたら、『あのくじを換金したらね』と、抽せんが行われる前から、当たっているかのように話しています。

 願い事がかなっているかのように前もって振る舞う“予祝”という行動がありますが、それに近いですね。ポジティブな認識を持つと、夢が現実化するのはよくある話です」

 では、宝くじを買ったら「この10億円で湾岸エリアのタワーマンションを買って……」と妄想するのがいいってこと?

「そのとおり。目の前の宝くじが大金に変わることをできるだけリアルに思い浮かべてください」(青川さん、以下同)