「乳腺の専門クリニック、もしくはがん専門の病院で検診を受けるべきだった」

 そう振り返るのは、7年前、乳がんに罹患し、昨年末まで抗がん剤の1つである分子標的治療薬の投薬を受けていた井出久日子さん(46)。

 乳がんがわかったのは、38歳。そのわずか5か月前に、乳がん検診を受けたにもかかわらずだ。さらに、治療を進めるなかで、がんのリンパへの転移が見つかり、ステージ4と知らされる。

 大きな不安を抱える井出さんに対し、主治医は治療方針を二転、三転。主治医を信頼できなくなり、転院を決意するという事態に陥ることもあった。

手術不可のステージ4、自分の人生を恨んだ

「転院先でも、全摘手術の意味がないほど進行していると言われました。副作用が大きい抗がん剤治療に耐えて、がんが小さくなれば取ることができる。それを希望に治療を続けていたのに。手術ができるなら、胸なんてなくなってもいいのにと思いました」

 抗がん剤の副作用は脱毛やむくみだけでなく、肌が乾燥して性行為時に濡れなくなることも。CAとして華やかに働いていたころの自分と比べて、女性としての魅力が失われていくように感じた。

「周りの同世代はキラキラ輝いて見えましたし、子どもがいて幸せそうな人を見るたびに自分の人生を恨みました」

 闘病を支えてくれる夫が息抜きに銀座へ飲みに行くことにもイライラが募った。「“生きている意味があるのかな”と何度も思った」と話す。