チーズバーガーがおいしいと定評があるモスバーガーのスパイシーモスチーズバーガー(470円)。ミートソースやチーズをからめて食べるポテトやオニオンリングもおいしい(筆者撮影/東洋経済オンライン)
【写真】ファストフード各社のチーズバーガー!

 北朝鮮からの脱北者の一部は、中国や韓国にあるマクドナルドのおいしさに感動し、ヤミツキになってしまうという。今まで食べたことがない「世界が愛する味」の虜になるわけだ。

ダブルチーズバーガーにチーズを5枚トッピングしたセブンチーズバーガー。タイのマクドナルドでは、ほぼすべての具材を有料で増量可能(筆者撮影/東洋経済オンライン)

 バーガーはバーガーでも、チーズバーガーはより魅力があるようだ。ハリウッド映画『アイアンマン』の主人公であり富豪のトニー・スタークはテロリストに3カ月間も監禁され、九死に一生を得てアメリカに帰国。「やりたいことがふたつある」と秘書に話し、そのひとつが「チーズバーガーを食べること」だった。その後、無事バーガーキングのチーズバーガーを食べてストーリーが展開していく。

 タイのマクドナルドでは、チーズ好きのためにチーズを5枚まで増量できるサービスがある。たとえば、ダブルチーズバーガーにチーズを5枚足してセブンチーズバーガーにすることも可能だ。実際に食べてみたが、どこから食べてもチーズ味で、ときおり味覚に訪れるビーフパティの旨味エキスがその芳醇さに拍車をかけるおいしさだった。

ロッテリアがチーズ大増量のバーガー発売

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 ロッテリアは10月13日、チーズに特化したバーガーを発売。今までも絶品チーズバーガーシリーズを販売していたが、さらに濃厚さを追求した、背徳チーズ絶品チーズバーガーシリーズを2023年2月中旬までの期間限定で提供する。さらにチーズを増量することができ、最大量の背徳300%チーズ絶品チーズバーガーは、ビーフパティとチーズのどちらが主体なのかわからないほどのチーズ量だ。