《今日は私の過去に受けた「心の傷」についてお話していこうと思っています》

 11月24日、ブログでそう綴ったのはNGT48の元研究生・高橋七実。「心の傷」と題されたその記事は5編にわたり、自身が脱退したきっかけがグループ内の“いじめ”によるものだったと書かれていたのだった──。

 高橋は『第3回AKB48グループ ドラフト会議』において、NGT48・チームNIIIに第3巡目で指名され、2018年にグループ入りして2021年3月末をもってNGT48としてのグループ活動を終えている。当時は脱退の理由について《私からお話できるのは、「運営、メンバーとの方向性の違い」これだけです。突然の発表になってしまい、本当に申し訳ありません》とのみ公表していた。

衝撃と怒りを覚えて

  ブログで語られているのは脱退のちょうど1年前の2019年4月出来事。事の発端はメンバー内での話し合いから始まったという。

 ディスカッションが「グループ内でのSNSの使用ルールを守る」というテーマになった際に、高橋は《研究生に伝えられているルールを先輩方の中で守っていない方がいると例を挙げた》のだという。そのことがきっかけで、ある先輩(ここではA)の関係が悪化することに。LINEで謝罪をしたところ、《研究生だってことを分かっておいてほしい》とだけ返信がきたことで衝撃ともに正規メンバーと研究生との立場の差を突きつけられるような言葉に、怒りが込み上げてきたという。

 そして、しばらく経ったのちに“週刊誌にグループの内情が書かれた記事が出た”ことをきっかけに“情報を売った犯人”だと疑われることになったという。

「当時のNGTは山口真帆さんの暴行事件のことで揺れていました。複数のメンバーがその犯人と“繋がっている”ことが疑われ、ワイドショーも連日取り上げるといった大騒動になりましたね。そのとき、グループ内の事情について何度も追求していたのが『週刊文春』。現役若手メンバーが匿名で事件後に行われたミーティングの内容などを告発するといった記事も出るなど、報道は熾烈を極めていた」(スポーツ紙記者)