AKB48からの卒業を発表した岡田奈々。そんな彼女がこのところ、SNS上のアンチだけでなく、ファンまでも“ブロック”しているという話がネット上で話題になっている。

 岡田をめぐっては、11月19日配信のニュースサイト「文春オンライン」で俳優・猪野広樹との交際を報じられた。同報道により、岡田ファンは騒然。しかし、ただ“熱愛が発覚したから”ショックを受けたわけではない。

ライブ配信中に騒動を謝罪

 というのも、岡田は17年6月の『AKB48 49thシングル 選抜総選挙〜まずは戦おう!話はそれからだ〜』で9位にランクインした際のスピーチにて、スキャンダルを起こしたメンバーを否定しつつ「自分は、まじめにやってもいつか必ず48グループのテッペンを取れると信じています」「48グループの風紀委員長を目指して、これからも全力疾走したいと思っています」などとコメントしていたからだ。

「自ら『風紀委員長』を名乗り出ることで信頼を得ていたからこそ、熱愛報道を受けて“裏切られた”と感じるファンが多かったわけです。実際、SNS上にも『彼氏がいたことよりも、今まで言ってきたことと今やってることが全然違いすぎることが裏切り』『これまでの発言やキャラを考えると許されない』『卒業してから恋愛すれば良かった』との指摘が相次ぎました」(芸能ライター)

 結局、岡田は11月23日付のツイッターで「AKB48を卒業します」と発表。公開した文章の中で、時期は未定だが「最後までAKB48の活動を頑張りたい」ともつづっていた。

 そんな中、11月25日にライブ配信サービス「SHOWROOM」で実施された「AKB48 お料理選抜 部活別 アピール合戦!」にも登場。“たこ焼き部”に所属する彼女は、「たこ焼きについて語る前に、ちゃんと伝えなきゃいけないことがあるんですが、皆さん、知ってる方が多いと思うのですが、今回、週刊誌の件ですごくお騒がせしてしまって、ご迷惑だったり、ご心配を、たくさんの方におかけしてしまったことを、本当に、本当に申し訳なく思ってます」と、謝罪した。

 そのほか、「『今すぐいなくなってほしい』と思ってる方もいらっしゃると思うんですけど、いろんな方のご支援があっての活動なので、今すぐ『じゃあ、今日辞めます!』みたいなことは、どうしてもできないのが現状」と説明する場面も。