「夜遊びなんで、とにかく露出、肌見せが絶対マストなんですね」

 11月25日、ファッション雑誌の『VOGUE』のYouTubeに登場したモデルの水原希子。“7days7looks”というテーマのもと、さまざまな芸能人が私服を披露するというシリーズ企画で、過去には二階堂ふみや桐谷美玲も登場している。

「最先端のファッションを紹介するモード誌のYouTubeともあって、普段見せないような攻めたコーディネートが人気なんです。水原さんもその独特なセンスを発揮していますが、視聴者からは“ハイセンスすぎて全く参考にならない”“いくらなんでも露出しすぎでは”という批判の声が挙がっていて……」(ファッション誌ライター)

 動画を確認すると、曜日とシチュエーションごとにコーデを披露しており、中でも“夜遊びルック”と“ファッションパーティールック”ではかなり露出の多い攻めた見た目となっている。

ドレスが透けて下着が見えている状態

「どちらともドレスが透けているので下着が見えている状態。特に“ファッションパーティールック”のドレスはキャミソールほどの丈しかなく、少し前に話題となった“下着ユニバ”の恰好を彷彿させました。ドレスのブランド『KIM SHUI』(キムシュイ)は、韓国の人気グループ『BLACK PINK』のLISAさんがライブで着用したこともあるほど、世界的に有名なブランドでして、さすが水原さんだなと思いましたが……」(同・ファッション誌ライター)

 世界的ブランドのドレスを着用しているわけだから、批判される余地もない気がするが……なぜ今回の件で賛否両論が生まれるのだろうか。

「水原さんは度々、ジェンダーにまつわる社会問題について批判する発言を行っています。例えば、映画監督による性加害が話題になった際には、実名で映画業界への問題提起をしていましたし、自身の受けたハラスメントについても告白しました。ただ、行き過ぎた批判が炎上してしまうこともあります」(スポーツ紙記者)

 最近では、“痴漢は日本独特の文化”とネット番組で発言したが、日本だけでなく世界中で痴漢被害が存在していることを指摘され炎上。日本人のジェンダー意識を変えたいという思いが、裏目に出てしまうこともしばしばあるのだ。

「今回の動画は、ファッション好きからすれば満足度の高い内容になっているのでしょうが、社会問題にまつわる発言を繰り返したことで、水原さんには、モデルとしての彼女をよく知らない一般人からの注目も集まっているんです。そのため、性的搾取への問題提起をしながら、性的魅力をアピールした服装をしていることへの理解が追い付いていないのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 今回の件について、水原の意図を確認するために『VOGUE』編集部に問い合わせたところ、期限までに返答はなかった。返答があり次第、追記する。

 本業以外でのスポットライトを浴びている今、芸能界での“魅せ方”が試されているのかもしれない。