「子どもの虐待は初めてかもしれんけど、奥さんへのDVはしょっちゅうで、この団地では有名。酒浸りのヒモやっけん、どげんしようもなか男ですよ」

 容疑者が住んでいた福岡県飯塚市の団地住民は、そう吐き捨てた。

 福岡県警飯塚署は11月27日、自称派遣社員の新枦隼人容疑者(35)を暴行の疑いで逮捕した。前日の26日午後11時15分ごろ、自宅で長男(当時2)の頬を手の平で1回、殴打するなどの暴行を加えたというもの。

2歳児を平手打ちして、床に倒れると…

「手の平で叩いたあと、床に倒れた長男を転がして、壁にぶつけた。その様子を目の当たりにした妻が“子どもに暴力を振るっている”と110番通報。幸いにも、子どもに特に怪我はなかったのだが、駆けつけた警察が任意同行を求めると、酒を飲んでいた容疑者は“なんで行かんといかんのか?”などとかなり抵抗したようです」(全国紙社会部記者)

 新枦容疑者は警察の取り調べに対しても、

「叩いたり転がしたりはしたが、コミュニケーションの一貫やった」

 と容疑を一部否認しているというが……。可愛い盛りの愛息子にこんなひどい仕打ちをした容疑者とは、いったいどんな人物なのか。

 新枦容疑者は、筑豊地方(福岡県の中央部)で生まれる。幼いころに両親が離婚して、その後4人の子どもを連れた母親は父親がわりの男性と一緒に暮らすのだが、

「隼人くんは10代のころから酒を飲みよったとよ。同居の男が酒場によく連れていって飲ませたのが、癖になってしもうた。彼は金銭的には十分なものを与えたが、母親とともに忙しすぎて、十分な愛情を注げなかったのが悪かったのかも」(実家の近隣住民)

 中学校時代には、暴力事件を起こしたようで、

「気にくわん先生を殴ってしまって、少年院送りになった」(中学校の同級生)

 その後、容疑者は10代で結婚。3人の子どもをもうけたが、20代半ばで離婚。

「離婚の原因は、妻への暴力だったと聞いとるけどね」(容疑者の知人)

 4年ほど前、現在の妻と出会って、3年前から半同居の状態に。自宅を訪ねると、妻A子さんが取材に答えてくれた。