「1秒でも早く10万円、耳そろえてキッチリ払え!」

 乱暴な言葉で女性を脅迫していたのは田中聖容疑者。

「11月29日、1万円を脅し取った疑いで逮捕されました。昨年6月に知人女性の紹介で出演したライブの出演料が未払いだったため、請求したとのこと。“表も裏も動く案件だぞ”などと脅したのはよくないと思いますが、出演料を払わなかった女性にも非があるように見えるため、同情の声も上がっています」(スポーツ紙記者)

 田中容疑者はこれまでにも大麻所持や覚醒剤使用の疑いで逮捕されていたが……。

「覚醒剤の件での公判中にまた捕まったと聞いてびっくりしました。それも今回は恐喝だっていうし……。普段から友人や仕事関係者に怒鳴ることや威圧するような態度をとることはなく、温厚に接する人でしたから意外でした」(田中容疑者の知人)

 2013年にジャニーズから契約を解除されたが、KAT-TUNを脱退してからも、根強いファンが彼を支えていた。

「普段は複数のバンドやグループが出演するイベントに1人で参加しているのですが、彼のファンの多さは、ほかの出演者に比べてずば抜けていますね。女性ファンたちとの距離感は近く、“お金を貢がされた”“お金を払って一夜を過ごした”といった話も絶えないようです」(前出・スポーツ紙記者)

KAT-TUN時代から「お金がない」

 それにしても、脅し取った金額が1万円というのはあまりにも少額に思える。そこまで懐事情が厳しかったということなのだろうか。

KAT-TUN在籍中から“お金がない”というのが口グセでした。副業でバーを始めたり、ジャニーズの後輩に会わせるかわりに紹介料として5万円をもらうといった、“仲介ビジネス”のようなこともしていましたね。脱退後も“税金やお店の家賃を払うのがキツい”と言っていました」(前出・知人)

 金欠をアピールし、ファンの女性からお金を引き出していたという田中容疑者。実際に彼から金銭を無心されていたという女性に話を聞くと、

会うたびにお金を要求されました。“携帯料金が払えないから1万円ちょうだい。俺と連絡とれなくなってもいいの?”と言われたことも。当時は大好きで要求には喜んで応えていたので、彼もお金をもらえることが当たり前になっていたのかもしれません。私と同じような関係だった女性が何人もいたのだろうと思います」

 彼が更生し、ギリギリな人生から抜けられる日はやってくるのだろうか─。