1月18日、大人気声優・櫻井孝宏の所属事務所が公式ホームページにコメントを掲載した。

「1月17日に『文春オンライン』で、櫻井さんの2人目の“不倫相手”だったB子さんが告発したんです。櫻井さんは昨年10月、ラジオ番組で共演していた放送作家のA子さんとの10年にわたる交際と、櫻井さんが結婚してからの約3年間も既婚者であることを隠しての不倫関係だったことが明らかになったばかり。A子さんとの騒動が収束しないなかでのさらなる告発とあって、大きな話題を呼びました」(ネットニュース編集者)

『呪術廻戦』の人気キャラクターのポーズを決めるAさん(本人Twitterより)
『呪術廻戦』の人気キャラクターのポーズを決めるAさん(本人Twitterより)

 告発記事によると、B子さんと櫻井は15年間にわたって関係を持っており、A子さんの記事を読むまで結婚していたことも知らなかったという。

「いつのまにか自分も不倫の当事者であることを知ったB子さんは、“説明してほしい”とメールを送ったものの、納得のいく返事ではなかったそうです。櫻井さんの所属事務所は取材に対して《刑事事件化の可能性のある案件》とコメントしているので、今後、裁判沙汰になる可能性も十分にありえますよ」(同・ネットニュース編集者)

 2度目の不倫報道に、SNS上では、

《もう完全アウト》
《決まっている作品から降板させなかったら、制作会社は“不倫は問題ない”と思ってるってことになるよ》

 と、厳しい声が飛び交っている。

報道が事実なら“隠蔽された状態で捺印をした”

 ファンがたび重なる不倫報道にショックを受けているなか、元交際相手であるA子さんも黙ってはいられなかったのだろう。第2の不倫報道が出た翌日に、自身のSNSで、

《既にお相手との解決に至る合意を済ませております。しかし『文春オンライン』が1月17日付で報じた記事が事実なのであれば、記載すべき内容が合意書になく、隠蔽された状態で捺印をしたことになります。本件先方弁護士に問い合わせの上、対応を検討いただく所存です》

 と、意味深な投稿をしている。