「あんなTAKAHIROさんを初めて見た」

TAKAHIRO 撮影/廣瀬靖士

──俳優として初共演して、気づいたことはありますか?

TAKAHIRO:僕から見た登坂は自然体で、肩の力が抜けている。力んでないところが、すごく自分としてもやりやすかった。それと、声がいいなと。さすが、ボーカリストでもありますし、自分の声の魅せ方がわかっている。やっぱり、日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得しているだけあって、カメラの前に立ったときの凛とした姿が自分には、すごく眩しくて……。

登坂:感情が全く入ってないじゃないですか(笑)。操られているかのように、流れるように話されて(笑)

TAKAHIRO:共演させていただけることを光栄に思いました!!

登坂:この話題になってから、急にTAKAHIROさんの感情がなくなりましたね(笑)。ふたりで共演するシーンが多かったんですが、あんなTAKAHIROさんを初めて見たというか。ライブといった音楽での活動でご一緒させていただく機会はあったんですけど、演技では初めて。

 作品の中で、より感情を入れなくてはいけないシーンの前は、日ごろにはない、話しかけづらさがありました。自分の世界に集中して入って、気持ちをつくっていらっしゃって。そこに、自分も引っ張られました。

登坂広臣 撮影/廣瀬靖士

TAKAHIRO:僕は、いつも緊張していましたから。登坂に話しかけるときは。

──(笑)。お兄さん役の斎藤工さんとは初共演ですよね。

TAKAHIRO:僕は、初めましてだったんですが、登坂は以前から親交があったみたいで。

登坂:お仕事では、僕も初めてです。今回、ご一緒させていただくことになって、工さんも僕もお互いにビックリした感じで。工さん、ドラマシリーズから『HiGH&LOW』を見てくださっていて「雨宮兄弟の長男って誰なんだろう?」って、ずっと気になっていたそうなんです(笑)

TAKAHIRO:それが、まさかの。

登坂:自分に話が来ると思わなかったって驚かれていて、僕も工さんと聞いてビックリしました(笑)。以前からメールのやりとりで「いつか、何かでご一緒できたらいいですね」と、工さんから言っていただけていて。

 ただ、お互いに仕事のジャンルが違うというか、工さんは役者で、僕はアーティストをやらせていただいているので、なかなか難しいだろうと思いながらも「そうですね」と話していたんです。だから、こんなにも早く、しかも兄弟役で共演できるなんて、運命的なものを感じました。

TAKAHIRO:縁を感じますね。

登坂:これまで、雨宮兄弟ってTAKAHIROさんとふたりでつくってきたんですが、そこに工さんが入ってきてもまったく違和感がなくて、すごくハマっていた。それまでの空気感のままだったんです。