約2年で離婚した元夫の陣内智則との出会いから結婚まで語った『紀香魂』(幻冬舎刊)は22万部超え
すべての写真を見る

 忘れてはならないのが、'07年に5億円とも言われたド派手婚を挙げた紀香と陣内智則。特注のバカラペアグラス(3万円)などと一緒に堂々、引き出物にしたのが、

自伝『ハッピー・スピリット 紀香魂』でした。しかも同書は、陣内との出会いから伊勢神宮でのプロポーズ、結婚にいたるまでの経緯、そして、ふたりの新生活などを赤裸々につづった告白本。

 ノリノリで書かれていただけに、離婚がいっそうサムいものに」(ワイドショー関係者)

 今回、愛之助との結婚で「80億人の中から結ばれた出会い」などと話していた紀香。10月3日に新橋演舞場で“梨園の妻”デビューを果たしたが、さっそく夫の愛人問題を『週刊文春』に報じられてしまった。先行き不安……。

「普通、“何かみなさまの役に立つものを”と引き出物を考えるのですが、彼らは“何か自分たちを象徴するものを”と、優先して選んでしまうのだと思います。たとえ別れてしまったとしても、“記念ですからどうぞ”という考えなのでしょう」(川内さん)

 結婚は芸能人にとって、最大の自分アピールの場!?