ドイツ大使館、総領事館のHPでは結婚について、

《ドイツ以外の国(日本を含む)での離婚歴がある場合には、外国における離婚の承認申請書の提出を求められる可能性があります。また調停もしくは裁判で離婚が成立した場合には、判決文の提出を求められることがあります》

 とある。日本ではよほどモメない限りは協議が主流で、いわば紙1枚で離婚は成立する。しかしドイツでは必ず家庭裁判所に届け出て、離婚の理由、また財産分与や養育費などすべてを司法に記録を残すのだという。つまりは日本においての離婚は、ドイツでは正式な離婚として認められていないというわけだ。

 そして離婚を証明するための戸籍謄本などの書類、その翻訳、各種手続きが滞りなく進めば問題ないが、結婚が認められない場合もあるということだ。国際結婚を目指すカップルが越えなくてはならない大きな壁だ。それにしても、

「世間からは外国人女性が大好きだと思われているんでしょうね(苦笑)。でも、そのために語学留学をしたわけではないですよ」(長井)

 過去にトラブルも多く起こしていることについては、

「もうね。そういうことがないように生きていきたいなと。彼女を前にして“いや〜、トラブルないようにしたいですね”と、話すのも変な話ですけども。だったら最初から外国人と付き合うなっていう話なんですが、これも人と人の縁なんで」(長井)

長井秀和(左)のリードでヘレンさん(右)の顔も次第に柔らかくなった

 日本語をほとんど話せないというヘレンさん。記者と話をする長井に終始、笑顔を向けて寄り添っている。では彼女にも聞いてみよう。

─長井さんのどこに惹かれているんですか?

「彼のライフスタイルよ。仕事にパーソナリティー、すべてを愛しているわ」

─彼が浮気をするのではと心配ではないですか?

「その話はもうすでに終わったわ。最初に彼に言ったの、“私は浮気者は嫌いよ”と。いまは大丈夫。彼はもうそういうことはやめたんじゃないかって思っているの(笑)」

 最後に「結婚は?」と聞くと、顔を見合わせて、

「No Doubt about it!(間違いない!)」

 と答えてくれた。