ゲス川谷は「うらやましい!」

 芸能界に限らず、昔からバンドマンや音楽家はモテると言われる。女性問題で今年のワイドショーをにぎわせている“ゲス不倫”こと『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音について、同じ音楽を仕事にする者としてどのような目で見ているのか?

「ゲスさんには……。それはやっぱり、“お前ちゃんとしろよ”っていうのはあるんですけど。バンドを含めてミュージシャンとしての彼は、ものすごくクオリティーの高い音楽を作りますし、自分がいちばん評価をするのは、日常生活がどうであれ、音楽がいいかどうかなので、ミュージシャンとして非常に素晴らしいと思います」

 川谷のことは彼の作る音楽だけではなく、“男”としても評価しており……。

モテてうらやましいです。うん、うらやましい! でもやっちゃいけないことはやっちゃいけないんだよって感じですかね」

インタビューの最後に“ゲス川谷”について聞くと、彼をうらやんで、この表情に…… 撮影/和田咲子
すべての写真を見る

「やってはいけないこと」。ゲス川谷、ファンキー加藤……今年のキーワードといっても過言ではない「不倫」に警鐘を鳴らす(?)新垣。

「週刊女性をお読みになる方は主婦の方が多いんですかね? う〜ん、同世代ですから、あの……あんまり不倫とかしないように気をつけてください……ってことで……。生意気なこと言ってスミマセン……。(取材当日に発売された「週刊女性」を手に取り)この号にゲスさんのことが書いてあるんですか? 熟読しておきます……」

 不倫ではなく、本業の音楽で、もしくは熱愛や結婚で、またワイドショーをにぎわせてほしい!

<作品情報>
デッカより世界配信! 新垣隆の新作交響曲『連祷‐Litany』はユニバーサル・ミュージックより11月16日発売

<コンサート情報>
CD発売を記念するコンサート『交響曲《連祷》-Litany- 世界リリース記念 新垣隆展 サントリーホールコンサート』を2017年1月23日、港区赤坂のサントリーホールにて開催!