もちろん、500円でも千円札でも、いや壱万円札でも、神様は黙して受け取ってくださるだろう。しかし500円玉が一気に数枚消えてしまうと、新年早々、やや後ろ向きな気持ちになりかねない。

 そうならないために、今日から家の玄関に小さなカゴかビンを置いておこう。ポケットの中やかばんの底に落ちていた小銭を、そこに入れる習慣をつけるといい。いわゆる「小銭貯蓄」だが、初詣のときにはその小銭を持っていけば、大きなおカネを崩すことなく気持ちよくお参りができるはずだ。ぜひ、家族にも協力してもらおう。

福袋は「消えモノ」がねらい目

 毎年熱狂的な争奪戦ぶりが報道される福袋は、本当にトクな買い物なのか迷うところだ。筆者自身は「福袋は消えモノに限る」と思っている。

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

 消えモノ、つまり食品系の福袋にもぜひ注目してほしい。普段買っているものやショップのものなら、福袋価格の高安がイメージしやすいからだ。

 筆者は昨年、リサーチもかねて、紅茶(9種類3240円)、はちみつ(3本2000円)、ナチュラルチーズ(4種3000円)、だしセット(だしの素や鰹節、白だしなど1000円)の各福袋を購入したが、どれも普段買っている金額から総額が計算できるため、シビアな目でセレクトができた。

 相場感覚がないジャンルのものを買うと、これが本当にトクなのかそれほどでもないのか判断に迷うものだ。そういう意味でも、食品系福袋は失敗の少ないジャンルだと思う。また、これらは服や雑貨と違って好みがあまり関係ないため、自分が使わないものを人にあげてもさほど迷惑がられないだろう。

 地方に帰省する人は、あえて現地で普段使いの日用品を買うのもいいだろう。都市圏と比べ、物価が安いうえに初売りの目玉商品も出てくる。また、地方のホームセンターは車用品やアウトドアグッズが種類豊富で安い。少々荷物はかさばり重くもなるが、心は軽くなる。

 帰省は買い出しと心得て、いつもとは違うショッピングを親御さんと楽しんではどうだろう。いやでもおカネを使う時期だからこそ、安く買えるチャンスに出合えたらそれを逃さず、いい年のスタートを切りたいものだ。

《著者プロフィール》松崎 のり子(まつざき・のりこ)◎消費経済ジャーナリスト。20年以上にわたり、『レタスクラブ』『レタスクラブお金の本』『マネープラス』『ESSE』『Caz』などのマネー記事を取材・編集し、お金にまつわる多くの知識を得る。自分自身も、家電は買ったことがない(すべて誕生日にプレゼントしてもらう!)、食卓は常に白いものメイン(もやし、ちくわ、えのき、豆腐)などと徹底したこだわりを持ち、割り勘の支払い時は、友人の間で「おサイフを開くスピードが遅い人」として有名。「貯めるのが好きなわけではない、使うのが嫌いなだけ」というモットーも手伝い、5年間で1000万円の貯蓄をラクラク達成した。また、「節約愛好家 激★やす子」のペンネームで節約アイデアを研究・紹介している。著書に『お金の常識が変わる 貯まる技術』(総合法令出版)、『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金がたまらない』(講談社)。