2月、アメリカの3大紙『ワシントン・ポスト』が“ぽっちゃり体形を誇り、日本の女性に勇気を与えている”と渡辺直美を絶賛する記事を掲載し、大きな話題を集めた。アメリカでもプラスサイズ(大きめ)モデルのアシュリー・グラハムが人気になるなど、世界的にぽっちゃり美女ブームがキテるんです!

 ぽっちゃりアイドル『Pottya』をプロデュースする俳優・ミュージシャンの柏原収史(38)に、ぽっちゃり美女の魅力を聞いた。

「Pottyaをプロデュースするようになって、ぽっちゃり好きだと思われるのですが、残念ながら僕自身の趣味ではないです(笑)。でも、オーディションから携わっているうちに、ぽっちゃりであることがマイナス要素とは思わなくなりました。体形に関係なくポジティブな女性は素敵だと気づいたので、ストライクゾーンは広がりましたね。

 “ぽっちゃりも可愛い”という流れを作った先駆者は、水卜麻美アナだと思います。食レポとかで幸せそうに食べている姿は美味しさが伝わるし、一緒にいて幸せになれる女性の象徴ですよね。

 また渡辺直美さんはぽっちゃり向けのファッションブランドを立ち上げたり、SNSでの発信力もすごい。そういうブランドのおかげで、体形を気にせずファッションを楽しめるようになったことも、魅力的なぽっちゃりさんが増えた理由だと思います。

 モデルのように細い女性が好きだという男性は少ない気がするので、やせるために無理して性格までギスギスするぐらいなら、体形を気にせず明るく生きている女性のほうがモテるんじゃないかな?

 Pottyaのファン層も広がってきていて、女性のほかにも、子どもからも人気なんですよ。ゆるキャラ的親近感があるみたいで(笑)。いつかぽっちゃり好きで、武道館を満員にできたらいいですね」

アイドルグループのPottya。柏原収史プロデュースで’15年に結成。写真左から本多加奈子(21)、橋本一愛(19)、大木梨渚(26)、犬童舞子(24)、大橋ミチ子(24)。ファンミーティング“お昼ごはんを食べよう”を定期的に開催

〈プロフィール〉
柏原収史◎俳優・ミュージシャン。ぽっちゃりアイドル『Pottya』のプロデュースを担当。出演映画『彼らが本気で編むときは、』が公開中。