――人を好きになると、どうなると思います?

赤澤 あんまり好きにならないもんね。

染谷 うん。恋愛がマジで僕なくて(笑)、必要としてなくて。何かが欠けてるのかもしれない(笑)。付き合うとかが、なんか面倒くさいと思っちゃうんですよね。だったら仕事に重きを置きたいなって思うので。

――惹(ひ)かれる女性ってどんなタイプですか?

赤澤 僕は面倒見てくれる人がいいですね。やっぱり自分からご飯に誘えなかったり、どっか行こうとかも自分発信がないから、そういうのをリードしてくれる女性がいいのかな~とは思いますね。

――染谷さんは?

赤澤 木の上で本を読んでいるような、漫画に出てきそうな子。

染谷 はい(笑)。木の下でもいいです。木の上にはなかなかいないんで(笑)。

――それってどういう雰囲気の人なんでしょう?

赤澤 だから、妖精さんですよね。

染谷 違う違う違う(笑)。そこまでファンタジーじゃなくて、何かこう、ちょっと不思議で芯がある感じ(笑)。木の上まで登る意志みたいなのを感じるじゃないですか。そういう不思議な意志のある子が好きです。

赤澤 要約すると、自分と同じくらい変わってる人がいいってことです(笑)。

染谷 アハハハハ!

写真手前から赤澤 燈、染谷俊之 撮影/森田晃博
すべての写真を見る

――分かり合っている二人ですか、どういうところが一番似てますか?

赤澤 嫌なことがあったとしても、それを頑張って耐えるところとか(笑)。

染谷 ハハハ。そうですね、なんか価値観がかなり似てる。

赤澤 何が許せなくて、どういうことが笑って許せるのかっていうラインが、たぶん似てるんですよね。

染谷 うん。たぶん僕たち根が熱いんです。仕事とかで、やれることをしっかりやらないのとかは嫌なんですよ、二人とも。

赤澤 お仕事に対してが一番そうですけど、プライベートでも。

――あんまり熱く怒らなそうに見えますけど。

赤澤 いや、内心は怒ってますよ(笑)。

染谷 その場では怒らなくて、ふたりで後で会ったときに「あそここうだよね」って言い合える仲というか。

――他にも共通点ありそうですね?

赤澤 入りやすくて、いつも空いてて、二人でよく行くしゃぶしゃぶ屋さんがあるんですけど。

染谷 しゃぶしゃぶね(笑)。

赤澤 いろんなお店があるのに、今日何食べようかってなっても結局二人とも特に意見がないから、しゃぶしゃぶでいいかって(笑)。

染谷 だから、そのしゃぶしゃぶ屋に何十回行ったかわかんないよね(笑)。

赤澤 目的はご飯を食べつつゆっくり話すことだから。最適なんですよね。その店のしゃぶしゃぶがすっごいおいしいわけでもないし、別に有名でもないけど。

染谷 そういう感覚も似てるね。

――一緒にいてかわいいな~って思うところは?

赤澤 自転車持ってるんですよ、染ちゃん。速い自転車。何て言うのあれ?

染谷 ロードバイク。

赤澤 そうロードバイク。それをちゃんと使って遠出したりしてるところは、なんかかわいいな~と思います。

染谷 ええ? そこ??

赤澤 うん。僕のイメージとしては、人にあらずというか、なんかちょっと人間離れしてるところがあるから、そういう普通の趣味をやって喜んでいるのは、かわいいな~って思いますね。

染谷 へえ~そうなんだ(笑)。