ライフ
2019/4/18

《視察件数2年連続1位》塩漬け町有地を“稼げるインフラ”に変えたスゴ腕経営者

町おこし
週刊女性2019年4月30日号
オガールは、東京ドーム2個分の敷地に広がる。天気のいい日には親子連れでいっぱいに
岡崎正信さんは学生時代からバレーボールに取り組み、現在もアカデミーをつくり指導している
オガールベースにあるバレーボール専用アリーナ
芝生が美しいサッカー場。岩手県フットボールセンターの誘致がオガール実現のきっかけに
オガールプラザにある紫波町図書館。紫波に根ざした多彩な企画展や「夜のとしょかん」などのイベントも充実
『紫波マルシェ』では、地元産の農産物や加工品を中心に多種多様な産品がそろう
オガールセンターにある『ザ・ベイカー』では、紫波産の小麦を使用したパンが
オガールには、歯科、眼科、小児科の病院、保育園、病児保育室も備わっている
建物にはホテルもあり合宿も可能
オガールの周辺には、新築の住宅が次々と建設されている。地価も毎年、上昇している
オガールプラザにある紫波町図書館。紫波に根ざした多彩な企画展や「夜のとしょかん」などのイベントも充実
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking

あわせて読みたい