芸能
2021/3/22

加藤浩次に坂上忍も、生き残り戦争ぼっ発か!奥深い「タレント司会者」の歴史

お笑い芸人男優タレント司会者
週刊女性2021年3月30日号
[写真 1/15枚目] (左から)麒麟・川島明、極楽とんぼ・加藤浩次、坂上忍、立川志らく
[写真 2/15枚目] ワイドショー“黎明期”'60年代後半を盛り上げた森光子
[写真 3/15枚目] ワイドショーが元気だった'90年代後半に司会者として登場した水前寺清子
[写真 4/15枚目] 自己破産した際『ルックルックこんにちは』のギャラが月200万円だったと明かした岸部四郎
[写真 5/15枚目] 最近では司会者やコメンテーターとしての活動がメインになってきたふかわりょう
[写真 6/15枚目] 2020年6月、犬の散歩中の坂上忍をソーシャル・ディスタンスで直撃
[写真 7/15枚目] 坂上忍
[写真 8/15枚目] 坂上忍
[写真 9/15枚目] 直撃取材を受けてくれた坂上忍('20年)
[写真 10/15枚目] 坂上忍
[写真 11/15枚目] 初めは穏やかだったが、パワハラの話になると顔をしかめた坂上忍
[写真 12/15枚目] 散歩中の坂上忍を後から追う記者
[写真 13/15枚目] 記者の直撃に答える坂上忍
[写真 14/15枚目] 『めざまし8』で司会をすることが発表された谷原章介
[写真 15/15枚目] 自己破産した際『ルックルックこんにちは』のギャラが月200万円だったと明かした岸部四郎
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking