フェードアウトのはずが存在感を増す“ナスD”

 ふたりが、アマゾン川を旅するために乗船した「ヘンリー号」には、“オネエ料理長”といった、キャラクターの濃い現地の人がいたが、それ以上に存在感を発揮したのが、友寄隆英ディレクターだ。

 泥染め部族といわれるシピポ族の村では、ウィトという植物が“美容にいい”と、現地の人の言葉を信じた友寄D。顔と身体に塗りたくったら、真っ黒に!

 実は、ウィトはタトゥーにも使われる染料。汗をかいたりすると、色が薄れて紫になり、ナスの色に似ていることから“ナスD”の愛称になり、番組にも登場している。

タトゥーの染料になるウィトを全身に塗った友寄Dは肌が真っ黒に変色し“ナスD”に

福田 初めて見たときは、笑っちゃいました。

益子 楽しんでるな、と思ったね(笑)。

 “ナスD”は、現地の人も食べないような虫や生魚を躊躇(ちゅうちょ)なく、食べてしまう。しかも、不眠不休で取材し、現地の人にすすめられた度数の高い酒を何杯も飲んで、ついには気絶するハプニングも。

福田 芸人でも嫌がることを平気で、身体を張ってやることや、思ったことを躊躇せずに、すべてやる行動力は、本当にすごいです!

益子 怖いもの知らずの姿勢には、俺は勝てません……。番組の開始当初は“僕はすぐにフェードアウトします”と話していたけど、まったく逆だった(笑)。

福田 今回の冒険では、シャツ、ズボンが1着しかなくて、汚れていくさまは、見逃さないでほしいです。

益子 そうそう。

 何でも食べちゃうナスD(失礼!)と違い、U字工事のふたりは、現地の食事はどうだった?

福田 ペルーのタルタルソースは美味しかったですよ。嫌なのは、アルマジロの肉! よく焼かないとジンマシンが出るらしく、地元民もなかなか手を出さないそうです。

益子 鶏料理は美味しい。なんたって、しめたて(新鮮)ですから! 船の中で食べたパンは、水分ゼロでパッサパサでしたよ。

サバイバル生活で美味しかった食事は? (c)テレビ朝日

福田 (冒険者となって気づいたこと?)日本での日常生活に感謝の気持ちが出てきましたね。

 次に冒険するときは、もうちょっと安全なほうが……(苦笑)

益子 このロケのおかげで、ドラクエみたいに、人間的レベルが上がっているのが実感できます! 困るのは、季節はずれの日焼けがひどくなることですかね。

福田 最近、冒険家になりつつあるU字工事ですが、漫才も頑張っていますので、見てくださ~い。

益子 番組を見て“アマゾンに行ってみたい!”と思わずに、栃木の温泉に、ぜひ!

福田 なんでだよ!