盛り上がる朝ドラ『ひよっこ』。これからの見どころをご紹介します!

「生放送中のコマーシャルに、はしかで来られない子の代役で出てほしい」

 と、みね子(有村架純)にまさかの出演依頼が! すずふり亭の常連客である、赤坂のテレビ局のプロデューサーから懇願された彼女は、驚きながらもスタジオへ。

 紹介する商品はお茶漬けの素。生CMのリハーサルで手渡されたセリフは、ごはん茶碗を手に持ちお父さんに呼びかけるというものだった。

 消息のわからない父・実(沢村一樹)のことを思い浮かべ、言葉に詰まってしまうみね子。戸惑う彼女を救ったのは偶然スタジオに居合わせた、すずふり亭にも来店したことがある人気女優の川本世津子(菅野美穂)。

「大丈夫? 私だっていまだに緊張するもん」

 と、みね子に優しく声をかけた。無事、生放送を乗り切ったみね子は、世津子の車ですずふり亭まで送ってもらい、省吾(佐々木蔵之介)らとCMの話で盛り上がった。

 女優になってテレビに出る、と劇団で頑張っている時子(佐久間由衣)より先に、図らずもテレビ出演を果たしたみね子。時子は複雑な思いなのかと思いきや――、

「私も報告がある」

 とオーディションに受かり、小さい役だけれどドラマに出ることになったことを明かした。

 “ひよっこ”たちは今週も東京で頑張って生きています!

不思議な出会いはどこへ続く……?

 テレビ局からの帰り道、セリフで言葉に詰まってしまった理由を聞かれたみね子は、父・実のことや奥茨城で彼の帰りを待つ家族のことなど、身の上話をする。複雑な表情で話を聞く世津子。

 すずふり亭で会ってから、不思議な“縁”でみね子とつながっている彼女。急展開の予感がする物語から目が離せません。

(c)NHK