連ドラ初主演作は歌って踊る所長役!

 そしてつかんだ連ドラ初主演作では、成婚率100パーセントを誇る「あいの結婚相談所」の所長・藍野真伍を演じている。突然歌いだしたり、踊ったり、自分と似ている部分も……!?

「だいぶ山崎育三郎に寄せていただいている気がします。でも藍野さんはミステリアスな部分が強いので、僕とは違うというか……僕はもっと普通の人です(笑)。でも、身体の使い方とか姿勢とか、これまでの経験が生かせればいいなと思います」

山崎育三郎 撮影/廣瀬靖士

 劇中では数々の男女を結びつけていく山崎。それはプライベートでも同様で、“先輩”として仲間の背中を押すことも。

「親友が恋愛にすごく臆病で。告白もなかなかしないから、家から引っ張りだして“今日、言え!”って言って、告白するところを藍野さんみたいに端からコッソリ見ていました(笑)。

 結局その女性とは付き合って、最近結婚まで行ったんです。そしたら今度は“指輪どうしよう”って。しかたがないので、お店までついていって一緒に選びました」

 そのとき、今回の役のように突然歌いだしたりは……?

「歌はちょっと(笑)。でもその親友とは古い付き合いで、彼の前では昔からよく歌っていたんです。僕が音大を受験するときには、彼が遊びに来てもず~っと歌っていたので、それがトラウマになっちゃったみたいで。“2度と聴きたくない!”って、僕が歌いだすといまだに逃げ出します(笑)。そうやって人前で歌ってしまうところは、まさに藍野さんソックリかもしれませんね」