クランクインしてから約9か月。いちばん心に残っているセリフは、11話(4月14日放送)のあの言葉だという。

「“いばらき”です。実さんの行方を捜している中で、警察に行ってもたらい回しにされ、まじめに取り合ってもくれなくて……。あげくの果てに故郷を“いばらぎ”と言われたときに抑えていたものが、わっと出て。あのシーンのセリフは奮い立ちましたね」

揺れる女心と、ドラマへの思いをインタビューで語ってくれた木村佳乃

みね子の恋愛、応援してます!

「みね子は本当に親孝行。家計が苦しいのを察して、19歳、20歳の女の子が進んで東京へ出稼ぎに行って、お給料のほとんどを仕送りしてくれているんです。本当なら、もっと楽しいこともできる年齢なのに……。母親としてはすまない気持ちでいたので、“好きな人ができた”と手紙をもらって、もう美代子としては本当にうれしいわけですよ。

 島谷くん役の竹内(涼真)くんとは共演シーンはなかったけど、中打ち上げのときにお会いしました。好青年で、背が高くてハンサムだったなぁ(笑)。みね子と別れたのは残念だけど、私、実はヒデくんも好きなんですよ。演じている磯村(勇斗)くんはすごく努力家で。包丁さばきなどはすごく練習しています。彼にはちょっと一目置いています」

みね子とヒデ。(c)NHK