無理をしないスタイルは、プライベートでも同じなようで……。

「暇があれば寝ていますね。昨日も寝すぎて奥さんに寝すぎよって怒られたぐらい(笑)。趣味もないですし、仕事をしているときがいちばん楽しいんです。だからマネージャーにも“お仕事をいただけるなら、どんどん入れてください”とお願いしています。仕事と仕事の間に休みがあると切り替えができないので、それは自分にとっても健全ではないというか。次の仕事が入れば、嫌でも切り替えられますから」

 日曜劇場『下町ロケット』や『小さな巨人』など人気作品に多数出演している安田。注目を集めるキッカケとなったのは、北海道のローカル番組ながらDVDなどが大ヒット、今なお語り継がれる伝説の旅バラエティー『水曜どうでしょう』でマスコットキャラクターの“中の人”として準レギュラー出演したこと。

「もし僕がいま死んだとしたら、報じられるときには『水曜どうでしょう』の名前が先に出ると思うんです。

 あの番組のおかげで今があるとは思いますが、現役の俳優としては、常に今やっている作品が自分の代表作になるようにという思いで演じています。胸を張ってこれが代表作と言える作品を作ることが俳優としての目標であり、課題ですね」

■安田さんから見てモテる人は?

「TEAM NACSだったら音尾琢真。ああ見えて、独特のフェロモンが出ているんですよ。素敵だなって思うのは、山崎努さん。個人的には俳優は作品の中で魅力的であることがすべてだと思うので、山崎さんの私生活は知りたくないですね」

<出演作品紹介>
舞台『スマートモテリーマン講座』
出演/安田顕、戸塚純貴、若月佑美(乃木坂46)、水田航生、シソンヌ
11月2日東京・かめありリリオホールを皮切りに、12月15~30日、東京・天王洲 銀河劇場まで全国12か所で公演。チケットの一般発売は9月4日~。全席指定7800円ほか

『スマートモテリーマン講座』