てんにいつも寄り添うトキ。出身地などの設定は明らかにされていないが、どんな女の子なのだろう?

「いいお家に入る女中は花嫁修業のようなもので、わりといいところの家庭の出の子も多かったと聞きました。衣装合わせのときに、思っていたよりきれいな着物を着せていただいたので、トキもそんなひとりなのかと思って演じています」

徳永えり 撮影/高梨俊浩

 大阪編が始まり、藤吉(松坂桃李)の実家・北村屋で、トキもてんと一緒に働き始めた。ドラマはまだまだ序盤。これからの見どころは?

トキとしては、風太との関係性に注目してもらいたいです。彼あってこそのトキなので。ふたりの間がこれからどう変化していくのか、私自身も楽しみなんです。おてんさまとの関係・立場というのもどんどん変わっていくので、そこも見ていただきたい部分です」

撮影の合間の「癒し」は?

「友達と一緒にわいわいするのが好きです。同世代の友達でいろいろな職種の子たちと“最近、腰が痛い”とか“どこの占いがいい”とか、ザ・アラサーの話で盛り上がっています(笑)。基本、人としゃべったり話を聞いたりするのが好きなんです。だから、ひとりで読書するよりも、外に出て人に会っているのが癒しになります。

 あと、いま撮影で滞在しているホテルは、IHのキッチンつきなんです。料理人になりたいと思うほど料理が好きなので、簡単な料理ですけど自炊しています」

じぇじぇじぇ(‘jjj’)な朝ドラ「新記録」

「『梅ちゃん先生』(2012年)で、朝ドラの大変さと面白さを教えてもらいました。医専のシーンは、入学から卒業までを1週間で撮ったんです。あれは正直キツかったです……。あと、今は塗り替えられたかもしれませんが、インターンになってから、梅子(堀北真希)や山倉(満島真之介)たちと食堂で会話するシーンで、1日に16食食べるという朝ドラ記録も作ったんです(笑)。これはセットが1日しか残せないから、食事のシーンをまとめて撮ったからなんですけど。

 そのあと1話だけですが、『あまちゃん』(2013年)にも出させていただきました。夏ばっぱ(宮本信子)の若いころを演じられるなんて、信じられなくて。『あまちゃん』のファンで毎朝見ていた私にとって、夏ばっぱになれて、北の海女の扮装をし、セリフで“じぇじぇじぇ”が言える(笑)。こんな一石三鳥なことはなかったです。撮影自体は半日で終わったのですが、本当にいい思い出です!」