「あれだけすごい人たちと大変なスケジュールの中、芝居ができたということは自信になっていますね」

 朝ドラ『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)と結婚する見習いコック、ヒデを演じて注目を集めた磯村勇斗(25)。朝ドラ前に撮影された映画『覆面系ノイズ』では、バンドのドラマー・クロ役を演じている。

「楽器経験はないんですけど、ドラムならリズムどおり叩くだけだからイケるかな? と思っていたのですが、その考えは甘かったですね(笑)。クランクイン3か月ほど前から始め、撮影期間中も必死に練習していました。スティック回しも習得して撮影ではやっていたんですけど、残念ながらそのシーンはカットされていました(涙)」

 劇中の覆面バンドでCDも発売中だけど、ロックだと思う人は?

「海外だとビジュアルも含めてKISSですね。日本だと『ひよっこ』で共演した峯田和伸さん。ミュージシャンとしても知っていましたが、一緒にお芝居をしたらすごい迫力で。存在がロックだなって思いました」

 ムードメーカーで若干、空気を読めない部分もある役だけど、実際は?

「僕自身は空気を読む控えめタイプです(笑)。でもガツガツとした部分は僕にもあるので共感できるかも。『ひよっこ』では、やつい(いちろう)さんと一緒のシーンが多く、芸人さんの間(ま)が学べたので朝ドラ後の撮影なら、もっと面白さを出せたかも。今回の作品ではフレッシュな僕を楽しめるということで(笑)」

 ヒロインのニノ(中条あやみ)は、初恋の人を一途に思い続けている女の子だけど、一途にハマっているものってある?

「いちばんは芝居ですね。地元・沼津の劇団に飛び込み、舞台に立たせてもらったときの体験が忘れられなくて、こうして続けさせてもらっています。好きなものを見つけると、寝ずにやり続けるタイプ。ゲームは過去最長で20時間ぶっ通しでやりました(笑)」

 今年は充実した1年になったと思うけど、来年の目標を教えて!!

「ガラッとイメージを変えた役に挑戦して、また違った僕を見せられたら。個人的にはスカイダイビングなどアクティビティー系をやってみたい。人生、刺激がないとつまらないですからね!!」

<映画情報>

映画『覆面系ノイズ』

出演/中条あやみ、志尊淳、小関裕太ほか。11月25日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

(c)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会