「『ひよっこ』で共演した方たちとは、連絡をとらせてもらっています。助川家のみんなとは、この前、食事に行きました。ドラマを終えてからそんなにたっていませんが、やっぱり懐かしいなという気持ちになりますね」

 朝ドラ『ひよっこ』のヒロイン・みね子(有村架純)の幼なじみで、女優になるという夢を叶(かな)えた助川時子を演じていた佐久間由衣(22)。現在、井上真央主演のドラマ『明日の約束』(関西テレビ、フジテレビ系 毎週火曜 21時~)で、物語のキーを握る白井香澄を演じている。

「オファーをいただいたのは、時子を演じている真っただ中です。時子や自分自身ともかけ離れた部分が多いキャラクターなので、新たな挑戦として、この役を逃したくないという気持ちがありました」

 香澄は人との距離を保ち、自分から近づこうとはしないタイプ。佐久間本人はというと、

「私は仲よくなりたいと思ったら、すぐに突っ込んでいきます(笑)。ただ、テンションが高いほうではないので、人見知りじゃないかと勘違いされてしまうんですけど……。自分では心の扉を“パッカーン”と開けているんですよ(笑)」

 ドラマは後半に差しかかり、香澄の隠された部分が明らかに。

「見ている人がどう思われるかわかりませんが、香澄は彼女なりの正義を持って一生懸命、生きています。そこはしっかりと演じていきたいですね。ラストに向けて、見ている人の期待をいい意味で裏切る展開が待っていると思うので、ぜひ最後まで楽しんでいただきたいです」

 ちなみに、朝ドラヒロインのオファーが来たら挑戦してみたい?

「大変なことだとわかっていますが、そんなことがもしあったら、すごくありがたいお話だと思います!!」

謎の自殺を遂げた吉岡圭吾(遠藤健慎)の幼なじみで、2年前にいじめが原因で高校を中退し、現在はフリーターの香澄。「作中で、ほとんど笑ったことがない」(佐久間)という彼女を演じるため、スタッフと念入りに打ち合わせ。撮影/坂本利幸

“スイッチ”が入る時

 写真好きだという佐久間。

「中学生のときから『写ルンです』で写真を撮っています。フィルムは現像から上がってくるまで、どう写っているかわからない楽しさがあります。あと、カメラの袋を開けたときの匂いが大好き(笑)。あの匂いでスイッチが入るというか、“あぁ~、始まるぜっ!”って。……もしかして、変ですか(汗)?」