単一自由回答から男女各世代の平均値を算出
すべての写真を見る

聞かなきゃいいのに聞いちゃった!
で、どう思った?

 では、パートナーの経験人数を聞いたとき、どんな感想を抱いたのか……。「聞くべきじゃない」と思いつつ、耳にしてしまったときの“内心”とは!?

【女性→男性】
「自分が20才、パートナーが28才。聞いた経験人数、5人。聞いた時の心境はそれなりに遊んでいたんだなと思い、大人だなぁと思い何故か魅力的に感じたが、同時に歴代の彼女たちへの嫉妬のような気持ちが入り交じり不思議な心境だった」(27歳・埼玉県)

「30歳の相手が6人。本当はもっと多そうだと感じた」(37歳・東京都)

「28の時に彼氏に聞いたが絶対に教えてくれなかった、 モテそうなひとだから聞かなくてよかったかも」(35歳・東京都)

「自分は19歳、相手は21歳のとき。相手が自分から過去の恋愛話をしゃべっていた。まだ付き合っていないときだったので“へぇー”ぐらいだった」(29歳・神奈川県)

「2人とも24歳で経験人数は1人でした。意外と少ないことに驚きました」(37歳・東京都)

「自分20歳、彼31歳、1人。少ないけど童貞ではないのでほっとした」(24歳・東京都)

「私が22歳のときに付き合い始めた彼氏(25歳)に聞いたら1人でした。 私も1人だったので数は一緒でしたが、彼は7年付き合ってたみたいですこし妬きました」(28歳・大阪府)

「20代前半のときに5人以上と言われてちょっと引いた。その割には下手だったし、強引だったので、最悪なやつだと思った」(30歳・福島県)

 聞いてみたはいいものの「妬いた」「少なくてホッとした」「多くて最悪」など、複雑な心境になったようです。なら聞かなきゃいいのに……と考えるのはヤボ。パートナーに入れ込むほど、相手の過去から自分の今の位置を想像したくなっちゃうものですよね。

 ではひるがえって、男性の場合はどうでしょう。彼女の経験人数を聞いて、幻滅している!?

【男性→女性】
「自分と同い年の彼女が、自分より経験豊富か気になって聞いたことがあるが教えてもらえなかった」(39歳・群馬県)

「18歳の相手が3人、ちょっとヤキモチを焼いた」(30歳・千葉県)

「自分が30、嫁が36のとき、経験人数3人。別になんとも思わなかった」(31歳・広島県)

「聞いたことはないです。強いてその理由をあげるらな、過去を気にしてもむなしいだけな気がするからです」(32歳・東京都)

「パートナーの経験人数は0です」(25歳・大阪府)

 まず驚くのが、男性が聞いたケースがほとんどないということ! たぶんかなり気になっているとは思うのですが……これがいわゆる、“男の美学”ってヤツなんですかね?

 そして聞いた結果、あまり動揺がないというのもダブルの驚きです。そんなに期待していなかったのか、はたまた強がっているだけか、男心もなかなか複雑なのかもしれません

 いずれにせよ、過去は過去。パートナーと身体を合わせて、お互いに幸せになれることが大事なのは言うまでもないですよね。お相手の過去なんて笑い飛ばせるくらい、余裕のある恋愛ライフを送りたいものです……。

<文 / 雛菊あんじ>