(3)禁断の恋が実る!?

 薩摩の姫として、徳川家に嫁入りする篤姫(北川景子)。今回は吉之助との関係に、ロマンスらしきものが……。

「篤姫さまとの関係が、のちの江戸城無血開城のときにも関わってくるのですが、微妙な、恋と言えるような言えないような感じなんです。これまでいろいろな女優さんが魅力的な篤姫を演じてこられていますが、北川さんはすごくチャーミングで、おてんばな感じで演じられています」(鈴木)

 この身分の違う“ロマンス”について櫻井CPは、

「篤姫はまさに政略結婚で、必ずしも幸せな生活が待っているわけではないという中、覚悟を決めた自立した魅力的な女性を北川さんに演じていただければと。そんな篤姫と吉之助の恋愛模様を楽しみにしていただきたいです」

(4)“モテ男”の真相

 生涯で3度、結婚をした西郷。“男にも女にもめっぽうモテた”という彼らしい逸話だが――。

「当時、家を存続させるため、長男は結婚しなくてはならない状況でした。1回目の結婚相手・須賀さん(橋本愛)からは、ほとんど夫婦らしい交流のないまま縁を切られ、2回目は島で出会った愛加那さん(二階堂ふみ)。でも当時、島から戻ってくるときには奥さんを連れて帰ることができなかったんです」(鈴木)

(c)NHK

 結婚しているときはその人だけ。決してダブっていないので、誠実といえば誠実。

「3番目の奥さんになる糸さん(黒木華)が、実は最初から吉之助に惚れていた、という設定は天才的だと思いませんか? そういうひたむきな女性を演じたら、天下一品の華ちゃんに注目していてください」(鈴木)