ついにブレイクを果たし、注目度急増中の田中の魅力について、コラムニストのペリー荻野さんに聞いてみた。

「雲の上の存在といった超イケメンというわけではなく、“ひょっとしたら手が届いてしまうかも”といった親近感が彼の強みだと思います。高い演技力と、チャーミングさのおかげで、どんなタイプのドラマにもスッと入っていけますし、どのタイプの女優さん相手でも何となく落ち着くんですよ。

 いわゆる“収まりのよさ”が魅力。だから、恋愛の相手が吉田鋼太郎さんや林遣都さんでも違和感がないんですよ(笑)

『おっさんずラブ』の制作発表記者会見に、吉田は舞台稽古で欠席した
すべての写真を見る

 デビュー早々にブレイクしてきたイケメンたちとは違い、演技力を磨きぬいてきた田中。その人気の質もこれまでの俳優とは異なる。

「いちばんうまいのは“戸惑い”の芝居だと思いますね。イケメン俳優だったら女性に対してグイグイ押しのアプローチをかけるのに対し、田中さんは引く。及び腰になりながらも“受け止めなきゃいけないのかな……”と戸惑うような役が多いですよね。

 視聴者の心理としては、そんな彼に“ずっと困っていてほしい”というSっ気が刺激されるわけです(笑)。でもそれが後を引いてしまい、最終的には“幸せにしてあげたいな”とハマってしまうというわけです。『おっさんずラブ』も彼がいたからこそ、ここまでヒットしたと言えるでしょう」(ペリーさん)

 もう続編が待ちきれない!