地元の幼なじみと過ごす時間

 多忙な日々の気分転換は、地元の幼なじみと過ごす時間だそう。

安西慎太郎 撮影/森田晃博

「寂しがり屋なんで、誰かにそばにいてほしんですけど。地元でいつもつるんでた男5人組が、僕以外みんな結婚しちゃって、休日は子どもと奥さんの日なんで、ずっと会ってなかったんですよ。でも今年の2月に別の地元の友達何人かと久しぶりに会ってLINEを交換して連絡とるようになって。その中に野球仲間だった消防士をやってるやつがいて、平日が休みなんで最近は週4くらいで会ってますけど(笑)。でも野郎だけで遊ぶのって、すごく楽しいなって最近思いますね。スーパー銭湯とかに行っても、下ネタばっかりとか(笑)、何もカッコつけないで素の自分のまんまでいられるんですよね。それが最高だなって

 最後に、意気込みと読者へのメッセージをお願いします。

「西田さんの作る作品は間違いないので、あとは僕ら役者がひたすら頑張るだけだと思います。

 戦時中に彼らが生きていた意味、僕たちが今生きている意味、いろんな意味を感じられる作品になると思います。最後は見た方が前向きに考えられるような作品にしたいと思っていますので、ぜひ劇場にお越しください」

■舞台「野球」飛行機雲のホームラン~HOMERUN of Contrail
 終戦前年の1944年夏、戦局が暗い影をもたらす中、少年の甲子園のグラウンドに立つという夢はかき消され、予科練への入隊を決意する。少年たちはぶつかり合いながらも、未来を語り合い、ひとつのチームになっていった。甲子園は叶わなくても、野球への情熱は捨てられず、その思いは“忘れられない1日”へつながっていく。演出の西田大輔書き下ろしの感動作。
東京公演:7月27日(金)~8月5日(日)@サンシャイン劇場
大阪公演:8月25日(土)~8月26日(日)@梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【公式HP】http://www.homerun-contrail.com

<プロフィール>
あんざい・しんたろう◎1993年12月16日、神奈川県出身。’12年、俳優デビュー。以降、舞台を中心に活動。近年は、舞台『幸福な職場』、『遠い夏のゴッホ』、舞台『四月は君の嘘』、『ゆく年く・る年冬の陣』など多くの舞台に主演している、注目の若手実力派。

(取材・文/井ノ口裕子)