3日間お休みがあったら、3日とも家にいるタイプです。休日も電話に出るのが早くて、マネージャーさんから急な仕事の連絡が入っても、だいたい私の返事は“今すぐ行けます!!”です(笑)

 モデル、そして女優としての活躍も目覚ましい池田エライザ(22)。実は読書&音楽好きという文化系の一面も持ち、

「朝方までマンガや本を読んでいて寝落ちしてしまうことも。イメージと違うねとよく言われるのですが、ちょっと派手な女の子の役が多かったからかな? それならある種、正解なのかなと思っています」

 高校生時代には、なんとクラウドファンディングで自らモデルブックの出版も……!!

あのときの行動力はすごかった!! エライザなのに、ハーフのモデルなのに、ここまでちゃんとやってるっていうのを証明したかったんです。その考えは今でも変わりません

 そんな仕事に意欲を示す彼女が、映画『ルームロンダリング』では主演に。ワケあり物件を舞台にしたコメディー作品だが、

私も“事故物件”だった部屋に住んでしまったことがあって。今、ネットで調べるとわかるんです。でも、お化けももとはちゃんと生きてた人なんだって思うようになって、あまり怖くなくなりました(笑)

 イケイケ女子からこじらせ女子と、役の幅も広がり今後の活躍が楽しみ!!

「これからも1本1本の作品に誠心誠意、向き合っていきたいです。体調を崩しては本末転倒なので、まずはいつでも健康体でいることが目標。そして強いメンタルを持ったたくましさを、大事にしていきたいと思います」

 大好きすぎて……♪

ボタンインコとコザクラインコを全部で5羽飼っていて。そのうち1羽はヒナで、すごく人懐こいんです。性格はバラバラだけど、みんな穏やかで可愛いんですよ。“鳥部屋”があって、そこにいるときがすごく幸せです」

■映画『ルームロンダリング』
 ワケあり物件に住み、事故の履歴を帳消しにする仕事をする御子(池田エライザ)。人付き合いが苦手な彼女と、この世に未練タラタラな元住人の幽霊たちが織りなすちょっとおかしな人間ドラマ。

(c)2018「ルームロンダリング」製作委員会

<プロフィール>
いけだ・えらいざ◎’09年にモデルとして、’11年には『高校デビュー』で役者デビュー。ヒロインに抜擢された『みんな!エスパーだよ!』ほか、数々の話題作に出演。今後は『SUNNY 強い気持ち・強い愛』や『億男』などの公開作が控える。リリー・フランキーとともに音楽番組のMCとしても活躍中。