後藤真希 撮影/伊藤和幸

シンガー後藤真希の復活は?

来年が20周年。そこをどうしようか? というのが今一番の課題です。新たな曲を用意してやるのか、それとも今までの曲をやるのか。それで意味がぜんぜん違ってきます

 平成の歌姫・安室奈美恵さんも引退してしまった。

安室さんが引退すると聞いて衝撃を受けました。実は安室さんは私のライヴを観に来てくれたことがあったんです。そのときに私が着ていた衣装を気に入ってくれたって人づてに聞いて、うれしいなぁと思いました

 平成のミュージック・シーンに熱狂したファンたちは今、30代~40代前半ぐらいだろうか。安室さんの引退でなおさらシンガー後藤真希の復活は待ち遠しい。

ファンがそれを待ってくれていると感じています。ただ、どう見せるか? 何をきっかけにそこに至るか? それを考えるとなかなか踏み出せないでいるのが正直なところです。ただ、踏み出したら早そう。そのときは体力的なこと含め、中途半端にはやれないと思っています

 平成11年にデビューして瞬く間にトップ・アイドルに駆け上った後藤真希。平成が終わる今、何を思うのだろうか。

逆に今、『LOVEマシーン』を誰かが歌い始めてもいいんじゃないかな? って思います。あの時代がどうだったか私は幼かったから分からないんですけど、今あの曲があったほうがいいんじゃないか? そう思います

『今の私は』
後藤真希=著
小学館 1728円(税込)
※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します

(文/和田靜香)