写真左から水野美紀、木村佳乃 撮影/坂本利幸

「ご主人をいただきにまいりました」

「このドロボー猫」

 かつての昼ドラマを彷彿させる強烈なセリフで応酬する、妻vs愛人の愛憎バトルを描いた連続ドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系、土曜夜11時15分放送)。

 主演の木村佳乃(42)は突然、夫から離婚を突きつけられた妻役、水野美紀(44)が愛人役を演じ、ふたりは今回が初共演。

「ドロドロとした戦いを美紀さんと演じさせていただけることが楽しみでした」(木村)

「普段、言わないようなセリフや感情をぶつけるのは爽快ですけど、木村さんとお会いしたら天真爛漫で明るく、この方を憎むという感情が湧いてこなくて、そこにいちばん苦しんでいます」(水野)

 女のプライドがぶつかり合い、つかみ合いシーンもある壮絶なドラマで競演を果たすふたりの対談では仕事、家庭、子育てに奮闘する同世代女優の飾らない本音が満載です!

仕事と家庭を両立する同志です

─初共演の感想は?

水野 木村さんは、ホントに明るく元気。現場の空気を明るくしてくださる方だな、と。同じ母親でもあり女優という共通点もあって、こんなお母さん、最高だなって木村さんを見ていて思うんですよ。

木村 そんなこと言っていただくと今朝、娘をちょっと叱りすぎたかなと……。

水野 母親業もすごくやっていらっしゃるし、今回のドラマもほぼ出ずっぱり。寝る暇がないだろうし、体調管理とか大変だろうなと思います。

木村 よく食べているので、大丈夫です。ただ何日か、子どもの寝ている姿しか見られないときはちょっと悲しくなります。そんな会えないときは朝、手紙を書いておくと夜、返事があります。

 美紀さんは、唐沢(寿明)さんとのコマーシャル(※1992年のコーセールシェリ“ねぇチューしてよ”のセリフが話題に)を見て“わぁ、かわいい”と思っていました。同じ年くらいだったので、すごくドキドキしたのを覚えています。

水野 17歳ごろでした。木村さんは何歳から芸能界に?

木村 19歳です。美紀さんは殺陣がとてもお上手。舞台も拝見してすごいなと思いますし、女優さんでなかなかいないですよ。最近はキャラの濃い役(※妊娠中に出演した連続ドラマ『奪い愛、冬』で、夫が自分から離れていくのを食い止めようとする妻を怪演)を演じて印象に残っていますし、同世代で活躍されている方がいるのはうれしい。(仕事と家庭を)両立するのはいろんな意味で大変ですから、同志みたいな感覚です。

水野 若いころのガチガチな感じから、今は人間としても女優としてもオープンになったときに出会えたと思うんです。

木村 そうですね。

水野 芝居でも木村さんは、ご自身のキャラクター作りがありつつも、相手の芝居をどう受けようかという余裕があり、相手の出方によって、こう受け止めましょう、と懐の深さがある。それでいてブレない芯があって、そのベテラン感(木村、爆笑)、安心感があります。