遠藤憲一 撮影/伊藤和幸

「本当は苦手なんですよ、こういう役」

 苦笑いする遠藤憲一(57)。犯罪エンターテイメント映画『アウト&アウト』で、無愛想だが心優しい元ヤクザの探偵・矢能を演じている。

役作りをしていないと思われるかもしれないけど、普段の自分とは真逆。ただ、昔いっぱい演じてきたから、試行錯誤しながら見つけたスタイルってあるんです。でも、今回の作品は特に“どしんとしていてほしい”と監督に言われて大変でした。放っておけば、チャカチャカ動いている人間なので(笑)」

 ある日、拳銃で撃たれ死体となった依頼人を発見する矢能。その場にいた男は「凶器の拳銃には、あんたの指紋だけがついている」とだけ言い残し、去っていく。このピンチを矢能はどうやって切り抜けるのか―。

 強面&イケメン共演者たちの中で存在が光るのが、ある理由から矢能が預かることになった小学2年生の少女・栞。白鳥玉季ちゃんが演じる栞と矢能の掛け合いに、ホンワカさせられる。

「この作品でいちばん惹かれたのが、実の子じゃない少女とバディを組むっていうところ。栞がいない作品なら、出なかったかもしれない。極道みたいな役はやり尽くした感があるから」

 大人びた口調で話す栞がとても可愛かったと伝えると、劇中では見られなかった満面の笑みを浮かべ、

「可愛いでしょ(笑)。役みたいに、すごく精神年齢の高い子。オレにあめ玉とか手紙をくれるの。そのあと、ほかの人のところにも行くと真顔でこっち見ながら“(遠藤が)傷ついちゃうかな? でも、あなただけじゃないのよ”って顔して相手に渡してる(笑)