SNSやブログなどの発言をきっかけに、毎日どこかで“ネット炎上”が発生している……。巻き込まれている人、煽っている人、見物しているだけの人、どちらにも心の平安はありません。炎上大国となりつつある日本の現状を憂慮し、できるだけ炎上を供養したいという思いです。微力ながら、鎮魂のために何かご提案できましたら幸いです。 (コラムニスト・辛酸なめ子) ※今回は辛酸なめ子さんへのインタビューになります。
RIP SLYMEのSU(左)と大塚愛(右)

* * *

 10月末にヒップホップグループの『RIP SLYME(リップスライム)』が活動休止とホームページの閉鎖を発表した。『楽園ベイべー』や『熱帯夜』など数々のヒット曲を飛ばした人気グループだけに、衝撃は大きい。

 歌手の大塚愛(36)を妻にもちながら、‘17年4月にモデルの江夏詩織(23)との不倫疑惑を写真週刊誌で報じられたメンバーのSU (44)は、11月3日にインスタグラムを更新し《全ての責任は私大槻一人 suにあります》と謝罪。この不倫騒動以降、表立った活動のなかったRIP SLYMEだが、1年半も経っての活動休止にファンも驚きを隠せなかったようだ。しかし、この投稿内容が“火種”となり、炎上が発生してしまったという。コラムニストの辛酸なめ子さんに話を聞いた。

* * *

SUのこの投稿がきっかけで炎上に……(SUのインスタグラムより)

――SUさんの投稿が炎上しているみたいですね。

辛酸「全ての責任は自分にある、としながらも、読み進めていくと《毎日を丁寧に失楽園ベイベーにならぬよう日々精進を重ねて参ります》といった、あまり反省していないんじゃないかと思われるような文言もあり、炎上してしまいましたね」

――「内容がふざけている」「言葉が軽い」といった意見の書き込みもあったそうです。一方、ファンはSUさんのメッセージをどのように受け取っているのでしょうか?

辛酸ファンの方に向けても《ファンの皆様 モヤモヤとウズウズとニクニクシサと申し訳ありませんでした》といった、言葉の意味のわかりづらいメッセージを発しています。でも、SUさんは作詞もされているということもあり、詩人的なところがあるのかもしれません。

 われわれ部外者にとっては、ちょっとどうなんだろう……という内容でも、ファンの中では“SUさんらしい”と、ちゃんと意味が通じている可能性もあります

残されたメンバーが気の毒

――謝罪とともにアップされた写真についても賛否ありましたよね。

辛酸「謝罪文とともにインスタグラムに載せられた写真は5人で遊園地で楽しそうにしているという写真ですよね。これに対しても、“こんな写真は不謹慎ではないか”という声もありましたが、ファンによる書き込みのなかには、“こういう姿を見れて嬉しい”といった好意的な声が多かった印象を受けました」

―――にしても、不倫疑惑から1年半経っての活動休止ということですが。

辛酸「ちょっと前にASKAさんが復活コンサートを開いていましたけど、それに対してはほとんど非難の声もなく、ネット上では“絶賛”や“ファン感涙”といった言葉が並んでいました。音楽業界ではクスリをやってもファンは温かく迎えてくれるんだなと思いましたね。

 不倫といえば、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんも復活を果たしています。クスリや不倫も全然ダメージにならないアーティスト業界において、SUさんはなぜ1年半以上もお休みした上に活動休止になってしまうんだろうと、不思議に思ってしまいます。

 ネットニュースによると大塚愛さんか江夏さんの背後に大物がいるという噂もありますし、ある意味、この一件は音楽業界の力関係を表しているかもしれません。ただ、大塚さんが一番心労があると察せられます。インスタグラムを最近更新しましたが、病院を回ってぜんそくと診断されたという内容でした。咳はストレスも要因となって症状が悪化するといいますから……」

ーーメンバーのPESさんは11月1日にTwitterで今回の活動休止をニュースで知ったとしたうえで、《わたしは随分前から何も出来ない立場なので謝ることしか出来ません。申し訳ありませんでした》とツイートしています。

辛酸「そうですね。このツイートからは、PESさんがすごく苦しい、弱い立場に置かれているということがわかります。今後、RIP SLYMEさんの音楽が聞けなくなるというのも残念なのですが何より、残されたメンバーが気の毒ですよね。生活はどうなるんだろうかというのが心配です

 かたや、メンバーのILMARIさんの奥さんである“エビちゃん”こと蛯原友里さんは『ハーバルセラピスト』というメディカルハーブについての資格も取得した上で、本も出されています。何が起きるかわからない自由業のなかで、先見の明を持たれているというがわかりますね」