ーー今後は蛯原さんが家計を支えるという場面も出てくるのかもしれませんね。SUさんと不倫疑惑を報じられた江夏さんは、RIP SLYMEの公式ホームページが閉鎖された日の翌日に化粧品をPRするような写真をインスタに投稿し、それも炎上してしまいました。なかには《不倫女》や《リップのファンに謝罪してもらってもいいですか?》といった辛辣なコメントも書き込まれています。

辛酸「当時、《数ある趣味の中で今一番夢中なのがスライム作り》という江夏さんの過去の発言が、“匂わせなのでは?”ということで、Twitterで急速にリツイートされ、ネットニュースにもなりました。確かに“趣味はスライム作り”というのも、なかなか聞かない話ではありますが、どうなんでしょう……。

 最近のTwitterのつぶやきからも、

 《欲しい色のリップがどこにも売ってない。オレンジとレッドとブラウンとベージュを全部混ぜたような絶妙な色のリップを探しているんです。私。》(10月10日)

 といった、“リップ発言”も見受けられます。わざとなのか無意識なのかはわかりませんが、性格的にタフな方なのかもしれません

果たして“リップ発言”の真意は?(江夏詩織のツイッターより)
すべての写真を見る


――確かに。1つのツイートで“リップ”という言葉を2度出すあたりも意味深ですね……。

辛酸「また、Twitterには道端でスイカを食べている動画もアップ(10月12日)されているのですが、“私はかわいいから何をやっても許される”といった感じで食べているのが印象的でした。しかも、なぜか挑戦的な目で通行人を見ながらでしたので、気の強さもなかなかのものなのかもしれません」

ーーSUさんも、報道される前は江夏さんを“友達”ということで自身のラジオ番組にゲスト出演させたり、歌詞中に“しおり”というワードを入れてみたりと、かなり挑戦的な行動に出られていましたね。

辛酸「SUさんは目つきもエロいですし、ものすごい恋愛体質な方なのかもしれません。でも、大塚さんも十分お綺麗なのに、22歳も年下の若い女性に手を出してしまったというのは残念ですね。

 RIP SLYMEファンによる botアカウントをさかのぼってみると、

内面の色気を磨くにはまず、ほうれい線を気にしないことです(キッパリ)! 笑った回数が多い、すなわち充実した毎日を過ごしてきた証拠なんですから! ――SU

 というSUさんの発言をまとめたツイートが。それほどほうれい線を肯定していた人なら若い女にいかずに、奥さんを大事にするべきじゃないかな、と思ってしまいました。だいぶ昔の発言なのでしょうが、気になってしまいましたね」

ーー今回の炎上騒動、解決する方法はあるのでしょうか?

辛酸「大塚さんもアーテイストですが、江夏さんも『lovefilm』というバンドを組まれているので、いっそのこと、関係者全員で音楽フェスを開いてみるというのはどうでしょうか。過去にSUさんと交際報道のあった木村カエラさんも参加していただいたら、さらに豪華なものになりそうです。

 話題にもなりますし、炎上を煽っている人たちも“本人たちが楽しそうにしているなら何も言えない”となるのではないでしょうか? お互いの関係を見直すきっかけにもなるかもしれません。例えば江夏さんが大塚さんの歌声を聴いてリスペクトするようになったり。音楽が解決してくれるのを信じたいですね


辛酸なめ子/漫画家・コラムニスト。
東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。近著は『大人のコミュニケーション術』(光文社新書)『おしゃ修行』(双葉社)『魂活道場』(学研)、『ヌルラン』(太田出版)など。