ソン・シギョン 撮影/坂本利幸

僕が“こういう曲です”と説明するよりも、記者の方に感想を書いていただいたほうが信じてもらえる気がするんです。話したくなくて言っているわけではないんですよ(笑)

 今年4月の取材時より、さらに流暢になった日本語で語るソン・シギョン(39)。それもそのはず、この夏、難関といわれる日本語能力試験の最高難度(N1)に合格。韓国では、甘く魅惑的な歌声から“バラードの皇帝”“鼓膜彼氏”と呼ばれる国民的アーティストであり、抜群のトークセンスでバラエティーでもなくてはならない存在。

 日本語力も向上させ“伝える”ための努力を惜しまないシギョンが、アルバム『君がいるよ』をリリースする。収録曲には、CrystalKayとの心に響くバラード『愛はなぜ』が。

「わざわざKayさんが韓国に来てくださってレコーディングをしました。楽しかったですね。そのあとの食事も。チメック(チキンとビール)の店に連れて行ってあげたら、すごく喜んでくれて。最近、韓国で流行っている塩抜きしたスパムに天ぷら粉をつけて揚げたものがあるんですけど、それもすごくおいしいって」

 ドラマ『孤独のグルメ』をこよなく愛し、出演まで果たした彼だけに、話題は自然と食に。

僕、料理もするんですけど、音楽と料理って似ていると思います。頭の中で“こうしたらいいものができる”って想像した料理や曲が実際にうまく作れる人が、いい料理人でアーティストですよね。ソン・シギョンの曲は身体にやさしいものにしたいとは思っています

 そっと包み込んでくれる唯一無二の歌声を「親からもらった楽器。頑張って手に入れた能力じゃないので、褒められると恐縮です」と謙遜する。