近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします。(北海道在住フリーライター/乗田綾子)

映画『そらのレストラン』札幌・完成披露試写会 鈴井貴之と大泉洋 撮影/乗田綾子

 例年より遅く初雪のたよりが届いた、こちら北海道札幌。そんな北の地にて11月27日、大泉洋さんの主演映画『そらのレストラン』の完成披露試写会が行われたので、ちょっとお邪魔してまいりました。

 2019年1月25日から公開予定のこの映画は、北海道の食と、そこに生きる人々を題材にした“北海道映画シリーズ”の第3弾。

 2012年公開の『しあわせのパン』、2014年公開の『ぶどうのなみだ』(いずれも大泉洋主演)に続き、今回は北海道南西部の小さな町を舞台に、チーズ工房を営む夫婦と、食を通じて共に生きる仲間たちの姿が描かれています。

 会場となったこの日のユナイテッド・シネマ札幌には、取材関係者だけでなく、抽選で選ばれたファンの方も多数来場。

 11月下旬ということもあり、外は冬を間近に控えた北海道ならではの肌寒さでしたが、上映前に主演の大泉洋さん、本上まなみさん、深川栄洋監督が登場すると、会場は一瞬にして暖かい拍手の音に包まれていきました。

映画『そらのレストラン』のパンフレットより (c)2018『そらのレストラン』製作委員会

北海道にある不思議なお話

大泉「パンを作り、ワインを作り、チーズを作り……まぁいつも何か作ってるわけでございますけれども(笑)。

 今回の『そらのレストラン』は過去2作のほっこりとしたテイストは残しつつも、深川監督ならではの人間を色濃く描く部分、ストレートなんだけど心にジンとくる、そんな作品に仕上がっていて。人、友情がよりクローズアップされて、今までの作品とはまた違うものになったなという感覚を持っております」

本上「撮影しているときから、早くこの作品をみなさんに見ていただきたい、この楽しい仲間たちの営みをぜひ見ていただきたい、と本当に思っていました。

 作品の中には驚くくらいファンタジックなエピソードもいくつか出てくるんですけども、それはほとんどが(映画の舞台となったせたな町の人たちの)実話をもとにしているものなんだそうです。そんな不思議なお話が北海道にあるんだなと思いながら、ぜひ見ていただけたらと思います」

 夫婦役を演じた2人の言葉で始まった舞台挨拶は、澄み渡る青空が印象的な劇場用ポスターの雰囲気とどこか通ずるように、ずっと笑顔が絶えない雰囲気。

 ホームグラウンドの北海道に帰ってきた大泉さんの名調子(?)に、劇中さながらの優しいほほ笑みで華を添える本上さん。

 そして“雨男大泉”に泣かされ続けたロケの思い出を語る深川監督と、キャスト・スタッフ陣のチームワークも見事で、この作品が良い環境で製作されていたんだなぁということが、みるみるうちに伝わってきます。