大晦日に「翼とラストライブ」宣言した滝沢の思惑とは?

12月31日、カウントダウンライブに出演します。タキツバで!

 12月5日、東京・京王プラザホテル八王子でディナーショーを開催していた滝沢秀明。その場で、9月に解散した『タッキー&翼』が一夜限りで“再結成”することを明かした。

「タッキーは年内で芸能活動を引退し、Jr.の育成やプロデュース業など裏方に専念。今井翼は、メニエール病の療養に専念することを目的としてジャニーズ事務所を退所しました。タッキーはさっそく来年2月に始まる舞台『滝沢歌舞伎ZERO』から演出に専念する予定です」(スポーツ紙記者)

 別々の道に進むことを決めたふたりだったが、周囲の声もタキツバ再結成を後押ししたという、

「解散した際に、周囲から“ラストステージをやらないの?”という声が上がっていました。ファンからも“ふたりの姿が見たい”と要望が殺到したそうです。

 これを受けて、タッキーが再結成の提案を、翼とジャニー喜多川社長に提案したところ快諾。“カウコン”に退所したタレントが出演するのは、翼が初めてです」(同・スポーツ紙記者)

翼の“けじめ”

 番組名に関しても、『ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!』と、タキツバにちなんだネーミングで、ふたりの門出を祝う演出が予想される。

 しかし、あるテレビ局関係者は、翼の心情を慮る。

「そもそもタキツバが解散した原因はふたりの不仲。ジャニーさんの“お気に入り”だったタッキーに対し、干されていた感覚があった翼クンは、事務所に不信感があったんですよ。

 翼クンが今回の再結成にOKを出したのは、タッキーへの複雑な感情を押し殺しながらも、解散ライブをしていなかった“けじめ”をつけたかったのだと思います