滝沢秀明と過ごす最後のひととき

 2002年9月8日。

 私はポンポンを掲げ、スニーカーで横浜アリーナのフロアを駆けていた。

 なぜ? 3日後(9月11日)に控えたタッキー&翼のデビューを祝し、ファンから2人へサプライズを仕掛けることになったから。

 徹夜でこしらえたポンポンをリズミカルにかざし、2000人のファンが『おめでとう』『Hatachi』などの人文字を次々と浮かび上がらせた。

「すげー!!」

 そのさまを見ていた“滝翼”が破顔する。フロアに降りてきた二人を、今度はアーチを作ってファンが出迎える。今まさに“スタートする”彼らと触れ合いながら、誇らしさでいっぱいだったあの日。

 まだ昨日のようにさえ思えるあの日から、気がつけば16年――。

 2018年12月20日。

 あの日からだいぶ大人になったものの、いまだ苦手なヒールを履いて、私はグランドプリンスホテル新高輪・飛天の間に向かっている。今日ここで催されるのは、年内で芸能活動を退く滝沢秀明さんのディナーショー。私にとっては、彼と共に過ごす最後のひとときだ。

 この“16年”の時間を経て、自分の胸に何が残るのか? 時系列に沿って追ってみたい。

グランドプリンスホテル新高輪新高輪・会場の入口/筆者撮影

◆17:18 グランドプリンスホテル新高輪・飛天に到着。

 ここは『FNS歌謡祭』の会場としても使われる同ホテルのメインバンケットルームである。すでに多くの人が集まり、入場列に並んでいる。参加者の年齢の中央値はおそらく50代。10〜20代と思しき女性の数は決して多くない。また少数だが、男性の姿も見受けられた。

◆17:40 受付に座席引換券、身分証明書、会員証を提示し、座席券と引き換える。

 クロークにコートを預け、会場ロビーでドリンクを受け取った。ピンクとブルーのオリジナルカクテルが用意されており、まずここで胸が熱くなる。

 言うまでもなく、ピンクは滝沢さん、ブルー(水色)は今井翼さんのイメージカラー。ともすれば涙腺がゆるみそうになるのを必死にこらえ、祝花やら写真パネルやら、なんでもかんでも写真に収めた。