(左から)安藤サクラ、多部未華子、高畑充希
 普段感じていること、口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 女性のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)!  数字はウソをつきませんよ♪

多部未華子、安藤サクラ、高畑充希。
上位陣は主演級の“ちょうどいいブス”

「ちょうどいいブス」。最近よく耳にするキーワードですよね。取っつきにくいほど美人でもなく、かといって受け付けないほどブスじゃない、“おれでも口説けるかも!”という絶妙なラインの女性を指す言葉です。

 1月10日から放送開始した日本テレビ系ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』の当初のタイトルとして名前が挙がりました(批判を受けて変わっちゃいましたが……)。

 ドラマの主演は夏菜ですが、芸能界を見渡してみると、実は“ちょうどいい”面々は少なくありませんよね? そこで、女子20〜30代の200人にアンケート調査。リアル“ちょうどいいブス”に選ばれたのは……!?(協力:アイリサーチ)

 と、その前に大前提として、第一線で活躍する女優たちが、本当に“ちょうどいいブス”かといえばそんなことはありません。見目麗しい超絶美女が群雄割拠する芸能界において、“比較的ちょうどいい”ブスだということ。

 そのうえで結果を見ていくと、顔の印象に好き嫌いが出やすい面々が並んだ印象です。フリーコメントで集めたアンケートながら、ダントツでトップだったのはこの人!(コメントは原則原文ママ)

【1位 多部未華子 15票】
「すごく可愛いという訳では無いけど、魅力的な子だと思う」(39歳・熊本県)

「目がぱっちりしていない。でも、ブサイクでもない。ブサカワ」(35歳・兵庫県)

「一重で目が小さいが、小顔でバランスいいのでそこまでブサイクにはみえない」(35歳・千葉県)

【2位 安藤サクラ 10票】
「そこまで美人だとは思えないけれど、きれいだと思うから」(26歳・茨城県)

「きれいではないけど、味のある顔だと思う」(38歳・東京都)

「またこの人か……と思うような目立ち方がなく、いい意味で個性もあって、『まんぷく』はすごくハマり役だと思う」(38歳・岐阜県)

【2位 高畑充希 10票】
「可愛いときもあればそうでないときもあって、人間感があるので親近感がわくため」(23歳・石川県)

「親近感が湧く。一般人にいそう」(24歳・和歌山県)

「特別美人ではないけれど、存在感のある女優さんだと思うから」(34歳・福岡県)

 票が集まったのは好感度がもともと高い面々であるとはいえ、女優におけるちょうどいいブス=女性的に親近感が湧くと考えてよさそうです。確かに高嶺の花に親しみを感じるのは難しいですものね。