方位よりも“いい日”に実行するタイミングが大事

 そして、各々の'19年を1日ごと、365日の「運気のいい日・悪い日」を「運気ゲージ」や「ひと言占い」などと一緒にまとめたのが『五星三心占い開運ダイアリー』だ。私たちが何となく過ごしてきた毎日は、実はチャンスを逃しているのだとか。

占いを始めて22年〜23年たちますが、とにかく、“いつ家を買ったらいい?” “いつ車を買えばいい?” “いつ結婚できる?” “いつ出会える?”と相談されることが多い(笑)。それなら“今日は運気がいいから”と信じて行動する、手帳が背中を押すきっかけになると思います」

 中でも、ゲッターズ飯田が「運気のいい日」に実行したいオススメというのが、

引っ越しです。実は引っ越しは運気を大きく変えるんですよ。仮に3年間住んで恋人ができなかったら即、引っ越しをすすめます。その家が悪い(笑)。“運気のいい日”に引っ越し先を探す、判を押す、引っ越す。これで本当によくなりますよ。運とは、環境や生活の変化で大きく変わるのです。

 どの街に住むか、乗る電車、時間も10分早いか遅いか。生活の拠点が変わることで、服や荷物、生き方やリズム、感覚もすべて変わります。なので引っ越しとは運気、人生を変えるのです。私は方位よりも、“いい日”に実行するタイミングが圧倒的に大事だと思っています

 なるほど、事を運ぶには自分にとって「いい日」を選び、逆に「悪い日」も事前に把握して対処できるということか。予定やスケジュールを組むのに手帳が手放せなくなる!?

 最後に今1度、'19年の展望を占ってもらった。

亥年は、中国では“金豚”といって経済の年になります。子年の新たなスタートに備えてひと区切りつけるという意味で、お金が大きく動きます。'20年に向けた投資の勉強をするのもいいかもしれません。

 あとは“大きい人”が引退する、回収して終わる感じですね。例えば大物政治家が区切りをつけて……、という流れが来ると思います

365日の「運気のいい日・悪い日」がわかる『五星三心占い開運ダイアリー2019』(幻冬舎刊)
すべての写真を見る
ゲッターズ飯田◎これまで占った人数は驚異の5万5千人超え。“芸能界最強占い師”として各メディア、媒体で活躍中。これまでに出版した本の累計部数は230万部を超える。
あなたの“星”がわかる!診断はこちらから