無職・八幡和貴容疑者(中学の卒業アルバムより)

 病院の夜勤から帰宅した看護師の母親(64)が、第一発見者である。

 11日午前11時40分ごろ、夫の母(90)と自分の三男(32)と3人で暮らす2階建て一軒家の自宅で目にしたのは、1階の寝室のベッドの上で息絶えている姑の姿だった。浴衣の袖には血が黒々と染みついていたという。

容疑者の腕にも傷

「義理の娘から“おばあちゃんが刺されて死んでいる”旨の110番通報が、午前11時44分にありました」

 と捜査関係者。その日、殺人容疑で逮捕されたのは、古河市尾崎の無職・八幡和貴容疑者。被害者、八幡ソトイさんの実の孫だ。

 発見時の様子を、捜査関係者が明かす。

「被害者の両手首に切り傷があり、右手首の傷のほうが深かった。ほかに外傷はありません。15日に司法解剖を行った結果、死因は失血性ショック死と判明しました。

 容疑者は2階の廊下に座り、通報した母親と一緒にいました。両手や床には血がついた状態で、2階の廊下で凶器と思われる包丁のようなものが見つかっています。容疑者の腕にも、複数の切り傷がありました

 事件現場は、JR宇都宮線古河駅から直線距離で約12キロ。一帯はのどかな住宅地だ。

「事件のあった日は家にいましたけど、サイレンが聞こえてね。覆面パトカーと救急車に消防車も来てましたね」

 と30代の女性住民が事件当日の様子を伝える。